BLOG

ブログ

Windows11にアップデートする方法

WEB NAVI

どうも、こんにちは!

ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです。

 

 

先日、10月5日にWindows11の無償アップデートが開始されました。しかし、すべての人がアップデートできるわけではありません。アップデートに必要なスペックを満たしていないのは仕方ありませんが、「満たしているのにもかかわらずアップデートできない」といった人が多数続出しているそうです。今回はその点にポイントを絞って方法をざっくり解説していこうと思います。

 

STEP①アプリで必要条件を満たしているかチェック

 

まずは公式サイトで「PC正常性チェックアプリ」をダウンロードします。そして起動させると、そのパソコンがWindows11の条件を満たしているかチェックしてくれます。完全に満たしているなら、何も問題はありません。ダウンロード&インストールで、すぐにでもWindows11を手に入れることができます。しかし、多くの場合、ここで問題が発生します。それがTPM2.0問題です。

 

アプリのダウンロードはコチラ

Microsoft|互換性の確認

 

STEP②問題を解消する

 

Windows11では、このTPM2.0(Trusted Platform Module)が必要になってきます。「PC正常性チェックアプリ」を使用すると高確率でTPMがどうのこうのという文言が出てきます。

 

 

「TPMって何?」って感じだと思うんですが、要はセキュリティに関係する部分です。暗号化アルゴリズムエンジン、鍵生成器、乱数生成器、不揮発性メモリといった機能を備えており、簡単に言えば暗号化によってPCデータの機密性を高めることができます。パソコンを安全に使うことができるモジュールといった感じです。そういうモジュールというかセキュリティチップみたいなものがパソコンの基盤にくっついているんですね。つまり、これを有効にしてあげればいいわけです。それだけで多くの人はWindows11のシステム要件を満たすことができると思います。

 

STEP③バイオスの画面からTPMを有効にする

 

設定 更新とセキュリティ 回復 今すぐ再起動を選択します。

 

 

上記のような画面が出てきたら、トラブルシューティング → 詳細オプション → UEFI ファームウェアの設定 → 再起動 を選択します。 すると以下のような画面が出てきます。

 

 

ちょっと古い画像ですが、使える画像がこれしかなかったので、あくまでイメージです。(この画面は人によって違うので参考程度に見てください。)訳の分からない英語でいっぱい書かれた画面が出てくると思いますが、まったく難しくありません。

 

 

ここから Advanced(設定を変更できるページに移動) Securityへと進んでください。そこにTPMを有効にするオプションがあります。

 

 

具体的には、AMD fTPM switchAMD PSP fTPM、Intel PTT、Intel Platform Trust Technologyなどの文言が書かれていますので、そのどれかを探して(PCメーカーによって異なります)「Enabled(有効)」にしてあげてください。ちなみに私の場合はIntel Platform Trust Technologyでした。これでTPMが有効になります。あとは設定を保存して再起動をクリックすればOKです。設定を保存しないと意味がないので、忘れないようにしてください。

 

 

TPMの設定をどのように変更すればよいかわからない場合は、お使いのPCメーカーのサポート情報を確認するか、メーカーのサポートへ直接問い合わせることをおすすめします。 

 

STEP④ダウンロード&インストールで終わり!

 

では、ここでもう一度最初にダウンロードした「PC正常性チェックアプリ」を使用してみましょう。ここで以下のような文言が出れば準備完了です。

 

 

あとはマイクロソフトのHPでWindows11をダウンロード&インストールすればOK。(少し時間がかかります)そして、再起動すると

 

 

このように無事Windows11にアップデート完了しているはずです。おそらくTPMでつまづくと思うので、そこだけしっかり理解して行なうとスムーズにアップデートできるかと思います。以上、最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

もっと詳しく知りたい人は下記公式サイトを参考にしてください。

Microsoft|PCでTPM2.0を有効にする

 


人気ブログランキング