BLOG

ブログ

天下泰平はまだ遠い・・・。やんごとなきUSBケーブルカタログ

WEB NAVI

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

 

ノートパソコン、スマートフォン、デジタルカメラ、音楽プレーヤー。。。

私たちの身のまわりには、さまざまな電子機器が生息しています。

彼ら・彼女らの食べ物は、電気です。食事をするために充電ケーブルが必要です。

 

で、そのケーブルですが・・・ややこしいと思ったことはありませんか?

おなじ「USB」でも形状が微妙に違っていて、

「新しく買い替えたら前のケーブルが使えない!」なんてこともよくあります。

 

 

そこで今回は、一般的に普及しているUSBケーブルをひとまとめにしてご紹介します。

今後の電子機器選びのご参考になりましたら、幸いです!

 

 

 

 

 

エントリーNo.1 mini USB Type-A

 

 

「mini USB Type-A」は、創世記のアンドロイドスマホで一般的だった規格です。

当時はほかにも幅広い機器で搭載されていたので、もしかすると今でも

ご家庭にはこの規格のデバイスが生存しているかもしれません。

とはいえ、今後新たに登場する機会は減っていくでしょう。

 

 

 

エントリーNo.2 mini USB Type-B

 

 

対して「Type-B」は根強く現役を続けている規格です。

(そして個人的にはやく絶滅してほしい規格でもあります)

採用先はなんといってもデジカメ!コンデジもデジイチも、

この“餌のお椀をひっくり返したような”いびつな差込口を有しています。

最近ようやく後述の「Type-C」型も出回りはじめましたが、

まだまだ息が長そうな、困った規格です。

 

 

 

エントリーNo.3 Micro USB Type-B

 

 

「mini USB Type-A」の次にアンドロイドスマホで普及したのがこちら、

「Micro USB Type-B」でございます。

より差込感(?)がスムーズで取り回しもよくなりましたが、

端子が小さい分曲がりやすい傾向にあり(個人的な感想です)、

上下があるのでよそ見しながら差し込めないのも難点で、

その解消は「Type-C」に持ち越されることとなります。

 

 

 

エントリーNo.4 Micro USB Type-B SuperSpeed

 

 

一方こちらの「SuperSpeed」は、もしかすると「mini USB Type-B」よりも

異端児といえるかもしれない困ったやつです。

主にHDDや光学ドライブなど、大量の情報を取り込み機器に採用されていいます。

意外と上下がわかりにくく、デカいくせに差し込みにも苦労します。

 

 

 

エントリーNo.5 USB Type-C

 

 

というわけで、お待たせしました!

全世界待望の上下対称型USBケーブルがようやく誕生しました。

それがこの「USB Type-C」なのでございます。

最新のスマホにはほぼ必ず導入されており、その他のデジタル機器にも

勢力を拡大しております。

世の中のあらゆる電子機器にType-Cが搭載されればいいのに・・・

天下の林檎様は、いまだに首を縦に振ろうとしないのです。

 

 

 

エントリーNo.6 Lightning

 

UR3IRS – 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0,

https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=23228239による

 

そう、IT界・・いや、世界の巨人であるアップル社は、

独自規格のLightningケーブルを有しています。

(思えばその前の世代のケーブルも独自過ぎました)

Type-Cに限りなく似ていて上下対称のため、

アップル製品を多く使っている方にとっては便利ですが、

そうでない方の場合はiPhoneなりiPadなりAirPodsのために、

このLightningケーブルを持っておかなくてはなりません。

近年はMacBookを皮切りにType-Cへの切り替えを図り始めているようですが、

最もユーザー数が多いであろうiPhoneではどうでしょうか。

今後の動向に要注目です(ケーブル減らしたいんで・・・)。

 

 

 

 

 

 

以上、身の回りで出会いやすいUSBケーブルをご紹介してまいりました。

現時点でおすすめできる考え方としては、Type-Cへの統一です。

ハイエンドデジカメでもようやくType-C化が見られており、

業界的にもこの流れで進んでいくことでしょう。

あとは前述のとおり、アップル製品の今後によっては、

夢の全規格統一も夢ではありません。

 

 

 

USBのUは、ユニバーサルのUです。

今でも十分便利な世の中ではありますが、

もっともっとユーザーライクなガジェット環境が整いますように!