BLOG

ブログ

メタ・ディスクリプションで考えるSEO

WEB NAVI

どうも、こんにちは!ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです!

 

 

今回は「メタ・ディスクリプションで考えるSEO」についてです。メタ・ディスクリプションなんて簡単に言いますが、そもそもこの言葉の意味ってよく分かりませんよね?

 

 

まずmetaは別次元とか別の観点といった意味をもちます。私もよく分かっていませんので、何だかITっぽいなというイメージで捉えてもらえればと思います。そしてdescripstionは説明という意味があります。この2つをつなげるとmeta-description概要という言葉になります。

 

 

要はWebページを公開するにあたって記入するメタ・ディスクリプションはページ全体の要約なんですよね。このページの要約は、下記の画像にある赤枠内で表示されます。

 

 

最上位に弊社のサイトが来ないのは、SEOというワードで引っかかる広告のためです。

 

 

このように「どうも、こんにちは!…」から始まっている文章が、Webページのメタ・ディスクリプション=概要になります。検索したキーワードと一致している部分は、黒の太字で、マークアップされます。

 

 

「ふ~ん、それで?」という感じですよね?でも、よく見てください。普段、私たちが何か情報を調べようと検索するときは、まずタイトルを見ますよね?そして、次に見るとしたら、このメタディスクリプションじゃないですか?ここでなんとなく「ふむふむ。これは自分の探している情報と近そうだな」と考えたら、次にクリック。

 

 

このようにメタ・ディスクリプションは自社のサイトへ上手く誘導してあげる効果があるんですよね。最近は「メタ・ディスクリプションなんか書かなくても、SEOに効果なんてないよ」という人もいますが、私はあると思います。

 

 

確かにメタ・ディスクリプションを記載しなくても自動的にgoogleがサイト内から有益な情報を引っ張って勝手に文章を組み合わせますが、正しくないときもあるんですよね。正しくないというか、あくまでページ内の文章からなので「効果的にサイトへ誘導できるか?」といったクリックというアクションを促す部分で少し不安なんです。

 

 

私ならSEOでできるところはすべてやります。じゃないとせっかく作った1つのページがもったいないですからね。

 

 

 

 

 

では具体的にどのように書けばいいかというと簡単なページの概要を書けばOKです。約120文字ほどまで表示されるので、できるだけ120文字ほどで簡潔に書きます。まずは①何をやっている会社かを書きます。②それについて少し詳しく説明。③最後にアクションを促すセリフ。基本はこのテンプレでOKです。※当然Webページの内容によって変える必要はあります。

 

 

①番目で「大阪府大阪市で事務所を構えるホームページ制作会社です」と書くとユーザーは、「そうそう、大阪のホームページを探してるんだよ。これこれ。」とユーザーの疑問を少し解消します。②でより具体的に詳しく説明し、さらにユーザーの疑問を解消③で「お気軽にご連絡ください」とアクションを促す。

 

 

実際にいきなり電話をかける人はあまりいないと思いますが、アクションを促すセリフというのは意外と大切なんです。Youtubeでもよく最後に「登録お願いしますね!」と言う人がいるじゃないですか?あれはちゃんとGoogleが「そのようにアクションを最後に促すと効果がありますよ」と公表してるからなんですよね。

 

 

基本的にGoogleの言うとおりにすればまず間違いはないので、検索流入を増やしたいならやれることはやっておいたほうがいいと思います。以上、「メタ・ディスクリプションで考えるSEO」でした!ご覧いただき、ありがとうございました!

 

 


人気ブログランキング