BLOG

ブログ

私の通信環境がRakuten UN-LIMIT2回線時代に突入した。

WEB NAVI

 

※本記事はあくまで体験記です※

※特定のサービスへの契約や商品の購入を推奨するものではありません※

 

 

 

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

さて、この春から、携帯電話各社による新料金体制が一斉に始まりますね!!

 

私は昨年春から楽天モバイルの1年無料キャンペーンにまんまと乗ってまいりました。

で、WiMAXにも入り2回線体制で在宅1年目を過ごしました。

 

しかし、今春からこの体制を見直さざるを得ない状況にありました。

なぜなら、楽天モバイルの1年無料が満期を迎えるから。

 

 

加えてWiMAXの「3日間で10GB」という通信制限が思いの外シビアでして。。。

通信制限がかかっても業務には差し支えないものの、

生活には支障がある…という状況が続いていました。

 

 

そこにきて、楽天モバイルが発表した新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」が、

福音のごとく舞い降りたではないですか。

さらに、楽天回線にバッチリ対応した据え置きルーターの存在も知り、状況は急転直下。

我が家の通信環境は「楽天モバイル2回線」という新時代に突入したわけです。

 

 

 

 

 

 

2回線目契約の決め手になった「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」

 

あらためて見るとすごいピンクだ・・・。

 

 

Rakuten UN-LIMIT Ⅵの最大の特徴は、データ1GBまで0円!

そこから使用量に応じて段階的に料金が発生する点です。

上限はこれまでどおり3,278円で、1~3GBが1,078円、20GBまでが2,178円…

という寸法になっております(すべて税込み)。

 

1GB無料なのは1回線目のみで、2回線目以降は1,078円スタートです。

しかし、それなら2回線目を家庭用に固定し、1回線目は出先のみとすれば、

トータルの通信費を大きく節約できるはずだと目論みました!

 

 

もちろん一番節約になるのは1回線目だけでテザリング生活を送ることですが、

さすがにそれは面倒だしリスキーだなと。。。

利便性を犠牲にしたら元も子もありませんし。

 

 

 

というわけで、自宅では必ず2回線目を使用するように徹底し、

1回線目は少なくとも20GB以内に収めたい所存であります。

 

 

 

 

 

 

 

モバイル回線のWi-Fi化に便利なルーター「WN-CS300FR」

 

あとの問題は、その2回線のSIMカードをどの端末に収めるかですが、

ちょうど私の観測範囲内でこんなルーターが話題になっていました。

I-O DATAさんの「WN-CS300FR」です。

 

無難なデザインでペタッと置けるカワイイやつ。

 

SIMカードを挿せばすぐに使える4G/LTEルーターで、

バンド固定機能があるためUN-LIMIT使用時にパートナー回線を掴む恐れもありません。

 

※詳しくはこちらの記事をご参照ください。

 

 

5Gには対応していないのが残念ですが、

ユーザーの声に応える商品を発表してくれたことに拍手をおくりたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

注意事項を差し引いても魅力的な選択肢!

 

最後に、導入を検討していらっしゃる方へいくつか注意事項を。

 

まず、快適に使用するためにはご自宅が楽天UN-LIMITのエリア内でなくてはいけません。

エリアに含まれていても、建物の構造によっては電波が弱い恐れもあるので確認しましょう。

 

また、公式には告知されていませんが、どうやら一日あたり10GBくらいで通信制限がかかる模様です。

※参考記事はこちら。

かかったとしても一般的なオフィスワークなら影響は少なそうですが、この点もご注意が必要かと。

実際に起こった症状として、大容量のPCゲームをダウンロードしようとしたら10GB前後から激遅になりました。

YouTubeの再生なんかはほぼ大丈夫だと思います。

 

 

 

 

久々に出てきてもらいました、ヒゲスマイリー兄弟。

 

 

これらの条件を加味したうえで、安価にネットを楽しみたい方なら悪くない選択だと思います。

モバイルルーターに差し込めば、出先でも活用できるわけですし。

 

以上、(実験)現場からライター2号がお伝えしました!