BLOG

ブログ

『Cookie(クッキー)』について

WEB NAVI

どうも、こんにちは!

ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです!

 

 

webサイトを見ていると、たまに「クッキーを許可しますか?」とか「クッキーを有効にしますか?」というポップアップが出てくることがあると思います。人によっては「え?ウイルス?どうしよう」と不安に感じたこともあるのではないでしょうか。今回は、この『Cookie(クッキー)』について説明します。普段はあまり意識することがないWEBにおけるプライバシーについて考えていただければ幸いです。

 

 

■クッキーとは

 

 

まずクッキーはウイルスではないので安心してください。クッキーの正体は文字情報の単純なテキストファイルです。WEBサイトへ訪問したときにクッキーを有効にすると、WEBサイト側からこのテキストファイルがあなたのブラウザやパソコンに保存されます。そのテキストファイルのおかげで、入力した内容を残せたり、ログイン状態を保持したりすることができます。

 

 

たとえばAmazonという通販サイトがあります。あなたがID・PASSを入力してログインし、カートに商品を入れ、購入手続きをする前にそのサイトを閉じても、再びAmazonに訪問した際にはログインした状態のままになっていて以前カートに入れた商品がそのまま残っている状態でスタートします。これはクッキーのおかげであり、クッキーがあるからAmazonのサイトは「あなた」という個人を識別することができます。

 

 

こういった仕組みによって私たちはストレスなくWebを楽しむことができるわけです。なので、基本的にはクッキーを有効にするかどうか求められてきた場合は許可していただいて大丈夫です。しかし、注意点もあります。

 

 

■怪しいサイトに気をつけよう!

 

 

便利なクッキーですが、Webサイトによってはクッキーの内容を暗号化していないケースもあります。そういったクッキーの情報を盗まれると、悪意のあるハッカーが「あなた」という個人になりすましてWebページを閲覧することができます。もし怪しいサイトを踏んでしまったのなら、そのサイトのクッキーを削除してみてもいいと思います。削除するといってもAmazonなどの安心できるサイトのクッキーまで一括削除するのではなく、その怪しいサイトのクッキーだけをピンポイントで消しましょう。

 

 

■クッキーの削除方法

 

グーグルを例に出しますが、ブラウザ右上の「:」こんなマークから、「設定」→「セキュリティとプライバシー」→「すべての Cookie とサイトデータを表示」→「Cookieを検索」で気になるサイトのURLを検索します。今回はインスタグラムを検索してみます。

 

 

私のパソコンにインスタグラム関連のクッキーがたくさん入っていました。使っていないので消します。ゴミ箱のマークを押してクッキーを削除すればOKです。

 

 

基本的にはOSやブラウザを最新のものにしておけば、そこまで過度に恐れる必要はありません。ですが、Webを使うなら知っておきたいプライバシー・セキュリティに関する部分なので、頭の片隅に入れておきましょう。以上、クッキーについてでした!

 


人気ブログランキング