BLOG

ブログ

今注目されている「タイパ」って何?というお話

WEB NAVI

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

 

いわゆる「ニューノーマル」な生活様式が始まってもうすぐ2年。

そんななか、最近「タイパ」という言葉が注目を集めています。

 

「タイパ?タイ料理パーティーのこと?」と思ってしまいそうな

聞き慣れない言葉ですが、これはタイムパフォーマンスの略。

よく似た言葉としてコストパフォーマンス(コスパ)がありますが、

コスパが費用と効果の対比をあらわす用語であるのに対し、

時間と効果の対比という意味をもつのがタイムパフォーマンスです。

 

 

「タイパ力」を身につけるには?

 

 

「時間と効果の対比」・・・というとなんだか難しく聞こえますが、

タイムパフォーマンス能力(タイパ力)とは時間を上手に使うこと

 

「ついダラダラと過ごしてしまう・・・」

「スケジュールに振り回されがち・・・」

そんな悩みを解決してくれるのがタイパ力です。

ここからはタイパ力を上げるための3ステップをご紹介します。

 

 

1.現状の時間の使い方を把握する

まずは1日のスケジュールを紙に書きだします。

その日の行動を「仕事」と「プライベート」に分け、

何にどのくらい時間がかかったかもメモしていきます。

こうすることで時間の無駄を発見できます。

 

2.作業の「目的」について考える

次に「何のためにしている作業なのか」を考えます。

作業にかけている時間が適切かどうかを判断するためです。

「時間がかかりすぎている」と感じる作業は効率化を図り、

そもそも必要ない作業があれば削減できるようにします。

このように解決策までをセットで考えることが重要です。

 

3.スケジュールを再構築する

無駄な時間や作業を減らしたら、スケジュールを組み立て直します。

「空白の時間帯」ができていたら、新しいことを盛り込むチャンス。

将来のための学びや、リラックスする時間に充てます。

 

 

以上です!

私は「何をやめ、何を始めるか」がタイパの極意だと思っています。

これまでの自分を見直し、これからの自分について考える。

タイパ力とは人生を見つめる力といえるのかもしれません。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村