BLOG

ブログ

『ベイブ』に癒されるはずが思わぬ学びを得た話

MOVIE ADDICT

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今回は1995年制作の映画『ベイブ』をご紹介します。

「雨ばかりで気が滅入るな・・・アニマル映画でも見よう」と

何気なく視聴してみたら、思いがけず多くの学びを得た作品です。

 

 

あらすじ

 

 

品評会の賞品として農場主のアーサーに引き取られた子ブタのベイブ

生き別れた母を想って泣くベイブを哀れんだ牧羊犬のフライは、

自分の子どもたちと一緒にベイブの面倒をみるようになります。

 

フライについて回るうちに牧羊犬の仕事を覚え始めたベイブは、

農場に羊泥棒が現れたことをアーサーに知らせに走ります。

その日からアーサーは「牧羊豚」としての仕事をベイブに任せます。

 

羊たちはベイブを馬鹿にして言うことを聞こうとしませんでしたが、

老いた羊メーのアドバイスによってベイブは立派な牧羊豚に成長。

アーサーはベイブを牧羊犬のコンテストに出すことを決意します。

 

 

動物の社会も大変だ。

 

『ベイブ』には主人公である子ブタをはじめ、

犬・羊・アヒル・猫・馬などたくさんの動物が登場します。

筆者はアニマルセラピー的な癒しを求めて本作を視聴したのですが、

思いのほか含蓄のあるストーリーだったので驚きました。

 

 

たとえば、ベイブが羊殺しの疑いをかけられてしまい、

フライが羊たちに真相を聞きに行く場面があります。

最初は双方混乱していて会話にならないのですが、

フライは「羊はバカだから早口を理解できない」と思い、

羊も「オオカミ(牧羊犬)は無知だから早口を理解できない

と思い、お互いに落ち着いてゆっくりと話をします。

一見コメディらしい場面なのですが、内心はどうあれ

建設的に話をしたいなら相手に寄り添う必要がある

ということを示しているのかなと思いました。

 

また、農場に来たばかりのベイブはほかの動物からバカにされていて、

牧羊豚として仕事をしようにも羊たちは言うことを聞いてくれません。

ですが、ベイブは牧羊犬のように「命令」をするのではなく

お願い」をすることで羊を導くテクニックを身につけます。

 

さらに、ベイブは周りの動物だけでなく、

農場主のアーサーとも言葉の壁を超えた絆を築いていきます。

自分が笑いものにされたとしてもベイブを信じ、

牧羊犬コンテストに出場させたアーサー。

最後のナレーションと彼のセリフには、思わず涙ぐんでしまいました。

 

 

『ベイブ』は上映時間92分の短い作品なのでサクッと見れます。

「タイトルは知っているけどまだ見たことがない」という人は

ぜひ見てみてください!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村