BLOG

ブログ

バトルしようぜ!World of Tanksが面白い

Ą級ゲームレビュー

どうも、こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです!

 

 

本日はみなさんにオススメのゲームをご紹介しようと思います。その名はWorld of Tanks!

 

 

戦車を操作し15vs15の2チームに分かれて世界中のプレイヤーと戦闘を行なうベラルーシ製のゲームです。戦車はソ連、ドイツ、イギリス、フランス、アメリカ、中国、日本、チェコスロバキア、スウェーデン、ポーランド、イタリアから550以上の車種を利用することができます。実際に歴史上使われた戦車から計画案でボツに終わった幻の戦車までたくさん登場します。

 

 

ということでWorld of Tanksこと通称WoTの魅力を簡単にご説明します!

 

 

WoTの魅力その①美麗なグラフィックとオリジナルBGM

 

 

 

このゲームはかなり昔から存在するのですが、古臭さはいっさいありません。年々進化しており、ゲームシステムの調整やグラフィックの向上、独自戦闘BGMの追加など運営会社がかなり頑張っています。グラフィックに関してはディスプレイの性能にも左右されますが、マップは息をのむほどの美しさです。荒廃した廃墟マップでは、そこに漂う埃や塵が。氷で覆われた氷河マップでは、その冷たい空気感が。各マップの情景を情緒豊かにプレイヤーに伝えてくれます。

 

 

そしてオリジナルBGMですが、これが凄い。普通のゲームの域を超えていると思います。BGMはマップごとに多数用意されているのですが、モデルとなった地域の歴史や民族性を調べ上げたうえで、一から作曲しています。特定の国や地域においては、代名詞として知られているサウンドや楽曲が存在します。それらの要素を利用し組み込むことで、よりリアルなマップを演出しています。

 

 

グラフィックとサウンドの両方が高いクオリティで完成しており、まるで本当に自分がそこにいるかのような没入感を味わうことができます。

 

 

WoTの魅力その②シンプルかつ奥の深い戦車バトル

 

 

このゲームには隠ぺい率と視認率という概念が存在します。基本的に敵に見つかり敵砲撃の射線が通る位置に自車両がいると、物陰や空から敵チームの砲撃が四方八方から飛んできます。そうならないためにも、車体に迷彩塗装を施したり草むらの中に隠れたりすることで、自車両が敵に発見される可能性を減らしながら戦うことができます。戦車の種類によってまた変わってきますが、原則「敵チームの射線が通る位置で、見つからない」ことが大切です。

 

 

また、車体の装甲厚と砲弾の貫通力という概念も存在します。貫通力200mmの弾は装甲200mmまで貫通させダメージを与えることができます。しかし、ここに「角度」というものが入ってきます。貫通力200mmで装甲200mmを貫通できるのは、あくまで装甲に対して弾が直角に入射した場合です。弾の入射角が直角じゃなくなれば、それだけ跳弾しやすくなります。というのも角度がつくことで、車体の実装甲厚が増加するからなんですよね。

 

他にも様々な要素が絡み合い、ゲームを複雑かつ面白くさせてくれています!

 

 

WoTの魅力その③世界中のプレイヤーとバトルできる!

 

 

World of Tanks通称Wotは、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、オーストラリアと世界中で展開されているゲームです。日本人はオーストラリアのサーバーか香港のアジアサーバー、どちらかを選んでプレイすることができます。アジアサーバーは当然多種多様な人種がいます。中国人・韓国人・ベトナム人・シンガポール人・フィリピン人・インド人・ネパール人など。単一サーバー(ロシアサーバー)での同時接続数は世界トップを記録しギネス登録されるほど世界中で大人気のゲームです。

 

 

共通言語は基本的に英語を使うことになると思いますので、英会話の練習にもぴったりです。ある程度の年齢になると友達って中々作るの難しくないですか?それがゲームという一つの目的を共有してるのもあってか、さまざまな垣根を越えて本当に仲良くなりやすいんですよね。現代ではゲームの力で世界中に人脈を作る…そんなことも容易に可能です。

 

 

THE無骨。でも、それがいい!

 

このゲームは基本的に人が登場しません。戦車しかありません。タイヤがついた鉄の塊をのそのそと動かすゲームです。たまたまご近所さんと出会ってしまったら、砲撃でご挨拶をします。ただそれだけです。

 

 

 

華やかさは全くありませんが、シンプルに面白いので興味のある方は一度プレイしてみてください!

 


人気ブログランキング