BLOG

ブログ

ドットの海に沈む推理ゲーム『Return of the Obra Dinn』

Ą級ゲームレビュー

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今回はゲーム『Return of the Obra Dinn』をご紹介します。

邦題は『オブラ・ディン号の帰還』。

SteamおよびPS4/Xbox One/Nintendo Switchで配信されている、

一隻の船をめぐる推理アドベンチャーゲームです。

 

グロ系、ホラーがダメな人はとことんダメだと思いますが、

そうでない人──とりわけ自分の頭脳に自信のある人には

特にプレイしてみてほしい作品です。

 

※以下に掲載する画像はすべて筆者のスクリーンショットです。

※一部モザイク処理をしています。

 

ゲームのざっくり概要

 

 

舞台は1807年。

イギリスのファルマス港に、無人の大型船が姿を現します。

それは1802年に船員51名を乗せてロンドンから出航し、

6ヵ月後に突如消息を絶った商船オブラ・ディン号でした。

しかも、ボロボロになった船内のあちこちには死体が──。

 

東インド会社ロンドン本社所属の保険調査員である主人公は、

損害査定書を作成するために現場へと向かわされます。

その手には、一冊の手帳と懐中時計が握られていました。

 

この摩訶不思議なアイテムを駆使し、

「この船で何が起きたのか」を探るのがゲームの目的です。

 

真相に近づくほど、何かを失うゲーム。

「この船で何が起きたのか」を探るためには、

1.船内に転がっている死体を探す

2.懐中時計を使い、その人物が死ぬ瞬間を再生する

3.そこで目撃した内容を手帳に記録する

この3ステップを踏み、情報を集めていく必要があります。

 

死体(あるいは死体らしきもの)に近づくと、自動で懐中時計を取り出す。

 

この「人が死ぬ瞬間を見る」というのがなかなか厄介で、

アニメーションはないものの音声が流れるんですね。

あるシーンでは骨がバキバキと折れる音や

人体が引きちぎられる音を何度も聞くことになります。

 

グロ系が苦手な人にはちょっとキツイかもしれませんが、

慣れとは恐ろしいもので、繰り返し聞いているうちに

「はい次」という感じで受け流せるようになっていきます。

どうしても無理なら音声をミュートにすることもできます。

セリフは最初から字幕で表示されているのでご安心を。

 

自分の目で、耳で、確認したことが真実。

懐中時計を使って犠牲者が死んだ瞬間を再生した後は、

その内容から得た情報を手帳にメモしていくのですが、

・犠牲者の名前

・死因(誰によって、何によって死んだのか)

などの項目はプレイヤー自身が埋める必要があります。

 

ズラリと並ぶ死因一覧。

 

まずは「船員名簿」と「画家のスケッチ」をもとに、

名前と顔を一致させることから始めなければなりません。

──では、どうやって一致させるのか?

“死の瞬間”を再生しまくって、顔や服装などの特徴、

話している言語などの情報を集め、時には消去法という

ゴリ押しの手段を用いてでも人物を特定するのです。

もはや保険調査員ではありません。気分は探偵です。

 

 クリアするのが先か。心が折れるのが先か。

このゲームの平均プレイ時間は6時間~14時間程度。

なかなか振れ幅があるように見えますが、

実際にプレイしてみるとその理由がわかります。

シナリオ中盤からが本番といえるかもしれません。

 

また、推理小説のようなシナリオもさることながら、

ドットで描かれる美しい風景にも目を奪われました。

 

同じ色なのに、なぜか月が眩しく見える。

 

インディーゲームとは思えない、骨太の作品です。

秋の夜長に、ぜひプレイしてみてはいかがでしょうか?

肝が据わっている人は、ヘッドホンを装備して楽しんでください^^

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村