BLOG

ブログ

【ネタバレあり】ゲームと小説の良さを一度に楽しめる『HOTELブルーローズの99の部屋』

Ą級ゲームレビュー

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

オンラインで遊べるリアル脱出ゲーム

HOTELブルーローズの99の部屋』を友人と遊んだので、

今回はその感想をお話しします。

 

※この記事はゲームのネタバレを含みますが、

 謎の答えや結末の内容などは記載していません。

※この記事はガイドラインに沿って作成しています。

『HOTELブルーローズの99の部屋』動画/スクリーンショット/ネタバレを含むテキスト等の投稿に関するガイドライン

 

あらすじ

 

 

1893年。

万国博覧会で賑わうアメリカ・シカゴの一角に、

ブルーローズ』の名を冠するホテルがありました。

美しい青色で彩られた、99の部屋を有するそのホテルには、

宿泊すると願いが叶う」という奇妙な噂が流れていました。

 

遺産が隠された部屋を見つけ、大金持ちになった者。

聖なる部屋で祈りを捧げ、神と交信した者。

悪魔と取引を交わし、魔術を手に入れた者。

 

しかし、このホテルを調査した探偵はこう言いました。

このホテルで願いを叶えた者は、みんないなくなっている

 

プレイヤーは、このホテル『ブルーローズ』に

関する情報が集められたWEBサイトにアクセスし、

ある6人の人物の足跡(そくせき)を追うことになります。

 

果たして、あなたは“ホテルに隠された真実”に

たどり着くことができるでしょうか・・・?

 

 

感想

 

 

この『HOTELブルーローズの99の部屋』には

「ゲーム」と「読み物」という2つの側面があります。

 

謎解きをしながら、物語にしっかり没入できる。

だからといって、見守るだけの傍観者にはならない。

ここのバランスが非常によく計算されています。

 

たとえば、登場人物が“夢を叶える”ごとに、

プレイヤー自身にも質問が投げかけられるのですが、

この質問にどう答えるかによって進行が少し変わります。

 

特に最後の質問は、頭を抱えるレベルで悩みました。

ただ、ゲームとして特に解説はされていないのですが、

6人の結末を目撃したことで、自分が何を感じたかによって

最後の選択も変わるのではないかなと思いました。

ちなみに筆者は「右」を選びました。

ほかの選択肢を選んだら“どう”なったか、少し興味があります・・・。

 

 

 

こんな人にオススメ!

・ミステリー小説やサスペンスドラマが好きな人

・お家で、一人で遊べる謎解きゲームを探している人

・ひらめきと観察力に自信がある人

・自分のすべてを捧げてでも叶えたい夢がある人

 

できることなら自分の記憶を消してもう1度遊びたいゲームです。

興味のある人はぜひ遊んでみてください!

 

・ゲームタイトル:オンラインリアル脱出ゲーム『HOTELブルーローズの99の部屋』

・ゲーム公式サイト:https://realdgame.jp/hotel-bluerose/

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村