BLOG

ブログ

「テレビゲーム総選挙」から思い出の作品をピックアップ・その2

Ą級ゲームレビュー

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

 

前回の続きです。

「テレビゲーム総選挙」から思い出の作品をピックアップ・その1

 

 

62位:ゼビウス

 

私が高校生のときにプレステ2を買うまで、

我が家で最新のテレビゲーム機はスーパーファミコンでした。

もちろんファミコンも持っていたのですが、

中でもよく遊んでいたのがこの『ゼビウス』です。

当時はこのゲームが人気の作品だなんて知りませんでしたが。

だってストーリーの説明もなく、いきなり始まるんですもん。

 

 

Wikipediaいわく、

============================

作りこまれた世界観やストーリーが最前面に出されて、

戦う理由やゲーム以外にも楽しむ要素を明確にした

============================

だそうです。そ、そうだったのか・・・。

 

ちなみに「タルケン」という敵(動画では0:35あたりに登場)は

=============================

実際にパイロットが操縦する訳ではなく、

脳にケーブルを直結させた形で操作させる

生体コンピュータ的な扱いになっている

=============================

という設定なんだとか。いや急に怖っ

 

 

27位:ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて

 

 

思い出というか、今『XI S』を絶賛プレイ中なので。

「S」というのはSwitch版のことです。なんとボイス付きです。

3DS版をクリア済なのですが、ボイスを聞きたいがために買いました。

 

カミュ(CV.内山昂輝)に優しい声で「相棒」って呼ばれてみ 泣くぞ

 

本作を除くと「VI」「X」しかプレイしたことがないのですが、

ドラクエって基本的にストーリーがメチャ重ですよね。

『XI S』でも「私がいったい何をした」と言いたくなるような

悲劇的展開に見舞われます。わりと終盤まで。

 

特に魔王がちょっと顔出してからのアレはね・・・もうね・・・

3DS版ですら「えっ!?ヤダヤダヤダ!!」って泣きましたからね・・・。

あのイベントをボイス付きで見ると心が折れます(なんで買ったんだ)

 

 

 

今回で終わらせる予定だったのですが、

やっぱり熱が入りすぎてしまったので以上です。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村