BLOG

ブログ

最近読んだマンガたち

EWマンガ朝話

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

 

「遠出をするぞ!」と意気込むと体調を崩す引きこもり体質なので、

今年のゴールデンウィークは自宅でのんびりさせていただきました。

(クリア済だけど声優目当てで買い直したドラクエ11S、やっとクレイモランまでたどり着いた・・・)

 

今回は最近読んだマンガからオススメの作品をご紹介します。

 

 

『魔入りました!入間くん』

 

 

金に汚いクズの両親によって悪魔に売られてしまった鈴木入間くん(14)。

食べられるのかと思いきや、「孫が欲しかった」と言う悪魔・サリバンに

溺愛され、ついには悪魔が通う学校・バビルスに入学することに。

人間が貴重な食糧である魔界において、入間くんは自分の正体を隠しながら

数々のトラブルを乗り越え、“立派な悪魔”を目指す・・・というお話。

 

NHKでアニメが放送されているので子ども向けの作品だと思っていたのですが、

試しに読んでみたらドハマリしてしまいました。

ストーリーはきちんと伏線が張られているし、キャラクターも魅力的。

ファンタジーや学園モノが好きな方にオススメです。

 

 

『逃げ上手の若君』

 

『魔人探偵脳噛ネウロ』『暗殺教室』などのヒット作で知られる

松井優征が、週刊少年ジャンプで新たに連載している作品です。

鎌倉時代~室町時代(南北朝時代)を舞台とする歴史マンガで、

筆者は主人公の・北条時行の名前すら知らない有り様だったので

楽しめるか不安だったのですが、「さすが松井優征先生」でした。

キャラクターの造形が特徴的すぎて、

名前を覚えられなくても顔で覚えることができます。

 

名前覚えてないけどコイツは敵。

 

「日本史はあまり・・・」という方も楽しめると思います。

 

 

『三国志ミリ知らの父にムスメがうろおぼえで教える三国志』

 

最近ハマっているソシャゲがあるのですが、テーマが三国志ということに

ゲームを始めてから気づき(我ながら「何でだよ」と思っている)、

「三国志、全然わかんねえ!」「キャラの名前も読めねえ!」と

頭を抱えていたところに奇跡のように舞い降りてきたマンガです。

めっちゃユルイ語り口調で説明してくれるのでスルスル理解できます。

 

 

タイトルの「うろおぼえ」という点に不安を感じるかもしれませんが、

電子書籍版の2巻には解説がついてくるので安心です。

 

 

 

以上です!

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村