BLOG

ブログ

ダルダル星人だって、好きに生きていいんだよ『ダルちゃん』

EWマンガ朝話

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

大人にこそ読んでほしい、「自分らしさとは」「幸せとは」といったことを

考えさせられる名作『ダルちゃん』をご紹介します。

 

 

 

★あらすじ★

 
 

 

人間の父親と母親の間に生まれたのに、自分だけダルダル星人のダルちゃん。

ありのままの自分だと愛されない。本性を晒したら嫌われる。

子供の頃にそれを肌で感じたダルちゃんは、24歳になった今、

『普通のOL』に擬態して生きている。

噂話に興味がありそうに参加したり、

スイーツを食べに行こうという女子会の誘いに喜んでみたり。

いつも本当の自分を殺して生きているダルちゃんは、

そのうち本当の気持ちすら分からなくなってくる。

あるとき、飲み会の席で自分を下に見た発言をしてくる営業マンを

空気が悪くならないように笑って受け流していたら、

それを見ていた同僚の女性と二人きりになったときに

「あんな風に笑ったら付け込まれるよ。あなたは悔しくないの?」と叱責されてしまう。

人に合わせて何がいけないの?

ダルちゃんの葛藤が、私たちにも突き刺さる。

 

 

 

★誰にでも、ダルちゃんな一面はある★

 
 

このマンガを読んだ人は、少なからず自分の中にも似たような部分があることに気づくはずだ。

一度「本当の自分」を否定されたことがある人は、そう簡単には自分をさらけ出せなくなる。

できることなら、本当の自分を見せても大丈夫な親友がほしい。恋人も。

そうは思っても、長年被り続けてきた鎧は、簡単には脱ぎ捨てることはできない。

とはいえ、この漫画は偽りの自分で得た幸せを真っ向から否定しているわけではない。

ここにあるのは、「自分の好きなように生きていいんだよ」という、

両手放しで受け入れてくれるかのような温かい視線。

だからこそ、押しつけがましくなく、優しく人々を後押ししてくれるのだ。

自分らしく生きるための第一歩を踏み出すことを。

 

何かに迷っている方、必読です!

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


人気ブログランキング