BLOG

ブログ

美しく切ない学園生活にほとばしるコピー的セリフの切れ味。『先生もネット世代』

EWマンガ朝話

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

 

突然ですがライター2号は女装経験者です。

大学の学園祭で女装コンテストがあり、何だかイケる気がして(自惚れ甚だしい)

同じゼミのおしゃれな人(♀)に頼んでやってもらいました。

 

けっきょく本番は台風かなにかで中止になってしまったんですが、

そのときの写真と、何ともいえぬ背徳感は今でも鮮明に残っています。

※社内用アカウントで使用している女子っぽいアイコン。あれ俺です。

 

 

 

 

だからっていうことでもないのですが、

最近pixiv(大手イラスト投稿サイト)界隈で人気を集めているという作品を知り、

表紙の時点でかなり気になっちゃったんですよね。

 

那多ここねさんの『先生もネット世代』という作品です。

 

 

 

 

 

『先生もネット世代』とは。

 

 

ご覧のとおり、かなり思わせぶりな表紙だと思います。

 

ざっくりご紹介しますと、この方は25歳の高校教師(♂)です。

かつて学生だった時分、友人とのネタで始めたSNS上での女装が評判を集め、

当時の画像がいまだにネットを漂流しています。

 

 

いちおう主人公ということのはずなんですが、周囲を固める生徒たちも個性が強く、

それぞれの視点から物語が展開するためザッピングに近いかたちの作品です。

前述の女装の件は1巻の最初がそれきっかけで始まるだけで、

全体を通したテーマではなくあくまで舞台装置の一つにすぎません。

 

 

男女はもちろん、同じ性別のなかでも一人ひとりがちがう想いをもっていて、

交錯したり、反発したり、通わせたりしながら成長していく・・・

そんな、切実でやさしいストーリーが展開されています。

 

 

 

 

 

可愛らしく美麗な日常風景を区切る鮮烈なセリフ。

 

 

私がこの作品で唸ったのは、作中におけるセリフの切れ味なんです。

ぜひ丸ごと味わっていただきたいので(著作権的にもアレなので)

ここでは引用しませんが、それはもう絶品でございます。

 

 

いかに少ない文字数で、含蓄に富んだ表現を込められるか。

ある意味ではキャッチコピーのお手本のような、

瑞々しくて力強い言葉のチカラがほとばしっております。

 

 

 

 

それと、デザインもすごくいい仕事をしている。

先ほどご紹介した表紙イラストはもちろんなのですが、

話と話のあいだに1本の破線が挟まれるんです。

これが何ともいえぬ味を出していまして、

か細さと意志のようなものを感じ取れるというか。。

やっぱり実物を見てみてください。

 

 

 

 

最後に、絵柄がキャラの性別を問わず美しく可愛い。

どちらかといえば女性向けの印象をもたれるかもしれませんが、

それほど苦にならなければ男性もきっと心が洗われると思います。

(現に私がそうですから)

 

 

 

 

 

 

 

現在2巻まで発売中。

まだまだアーリーアダプター感を満喫できます。

試し読みはこちらから↓

https://comic.pixiv.net/works/5250

気になった方はぜひチェックしてみてください!