BLOG

ブログ

タイムズのカーシェアでウェイクに乗ったよ。

エンジョイライフ!

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

今回の記事は、先日の「IKEAのでっかいワークデスクを導入した。」と対になっています。

 

IKEAのでっかいワークデスクを導入した。

 

とにかくでかく、重く、組み立てが大変であることは事前に情報収集済みでした。

それでも実店舗に行かなければならなかったワケ・・・それは

 

 

・コロナによる縮小で直接の電話問い合わせが通じない

・オンラインストアが機能不全になっている

 

 

ためだったのです。

(なんとかしてけろIKEAはん・・・。)

 

 

では実店舗に行って直接持ち帰るか…となりますが、私自身は車を所有しておりません。

実家を経由すれば車を使用できるものの、自分の家に運び込んで、

実家に戻して、電車で帰ってくるというのもあまりに非効率的。

 

 

そこでふと思い出したのが、最近まちでよく目にする黄色いのシールでした。

 

そう、タイムズのカーシェアリングです。

 

 

 

 

 

タイムズカーシェアの始め方

 

 

どこか参考サイトをみながら…ではなく、手探り状態で一から申し込むことにしました。

まずは公式サイトに飛んで、必要事項を記入し免許証両面の画像を送信します。

そこから2週間ほど待ったでしょうか?

審査が通れば、タイムズのカーシェアリング用カードが届きます。

(実店舗で申し込むとスピード対応できるそうです。)

 

次は、実際にカーシェアリングを利用する段階に。

使用したい日時を指定して調べると、最寄りのタイムズに停車している

使用可能な車両がリストで上がってきますので、

自分で乗りたい車を選び予約を完了させます。

 

料金は月額の基本使用料+利用したぶんの料金が発生します。

私が申し込んだときは基本使用料2ヶ月無料キャンペーン中でした。

 

 

 

 

実際に利用してみた感想

 

 

 

私が今回選んだのはダイハツのウェイクです。

「どでかく使おう ウェイクだよ!」がキャッチコピーのアレ。

ワークデスクがバカでっかいことを考慮しつつ、

軽自動車の運転のほうがラクなのでこの車種に落ち着きました。

 

実際に乗ってみると、軽のはずなのに社内は広々!!

目線が高くて窓も大きく、速度メーターもシンプルで視界が良好です。

鶴浜の湾岸を爽快に走り抜けることができました。

 

 

車に乗り込む際は、まず届いた専用カードを窓ガラスのリーダーにかざします。

そうすると扉のロックが外れるので乗り込み、ダッシュボードのなかのキーを取り出して使用開始。

利用中はあたかも自分の車のように使えて、降りるときは逆の手順を踏めばOKです。

 

 

ひとつ気になるのが走行中のガソリンだと思いますが、ご心配は無用です。

車内には専用のクレカが置いてあり、これを使って支払えば燃料代はかかりません。

(むしろ30分ほど割引になる)

 

 

 

今回は11時から16時33分までの利用で4,620円でした。

(安心保証サービス含む)

けっして「安い!!」と感動できる金額ではないですが、

乗ったことのない車種を運転できるのって単純に楽しいですし、

なによりも今のこの世の中で、プライベート空間のまま

気軽に行きたいところへ行けるのがいいですね。

友だちとの面白旅行なんかにも活用できそうです!

 

現場からは以上です。