BLOG

ブログ

カフェイン&白米断ちが身体にもたらす影響について。

エンジョイライフ!

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

最近、食生活において完全に断っているものが2つあります。

1つ目はカフェイン、2つ目は白米です。

それぞれ続けてみてどんな感じか、

何かしら効果を感じられるかについて

お話したいと思います!

 

 

 

 

 

カフェインをやめてみたら…テンションが持続するようになった。

 

持ってもーてるやないか

 

以前は朝目が覚めたらコーヒーガバー、

お昼休憩明けにもコーヒーガバー、

夕方休憩明けだってもちろんコーヒーガバーしてました。

 

やめた直後は離脱症状がヤバかったです。

頭が痛い。意識がぼやける。なんにもやる気が起きない。

相当依存していたということでしょう。

 

 

その期間をどうにか乗り越え落ち着いてくると、

なんとなくですがテンションの乱高下がなくなった気がする。

 

けっして「ずっとハッピー!!」というわけはないですが、

低空飛行であってもちゃんと最後まで飛び続けられるというか。

 

 

あと夜がおそくなると目が自然に重くなるようにもなりました。

コーヒーの味や香り自体は好きなので、カフェインレスで代用しています。

 

 

 

 

 

 

白米をやめてみたら…体型をコントロールしやすくなった?

 

玄米もいいらしいですね

 

正確には白米と、食パンもやめてみました。

とはいえ、いわゆる炭水化物ダイエットをしているのではありません。

代わりに蕎麦、さつまいもなどの「白くない炭水化物」を食べています。

 

するとどうなったか。

なんとなく体重が増えにくくなっている気がします。

 

 

実は以前続けていたランニングにドクターストップがかかり、

より消費カロリーが少ないであろうウォーキングに切り替えているんです。

それでも、意外とマシな数値に収まってくれているようです。

あと食後の眠気も、確かにだいぶ減っている感覚があります。

 

 

もともと白米・食パン大好きマンではなかったこともあり、

かれこれひと月ほど続いているでしょうか。

 

朝はさつまいもか蕎麦、昼は具だくさん蕎麦、夜は鍋か無水肉野菜。

これが私の日々のローテーションです。

 

 

 

 

 

 

 

“食生活は食費との闘いである。”_ライター2号

 

食は人によって好き嫌いやポリシーが千差万別であり、

私も上記の方針をみなさんに取り入れてほしいつもりは全くありません。

(移り気なんで数ヶ月後には逆転してるかもしれないし)

 

 

それでも、

こういう食生活もあるんだね~

くらいに思っていただけると、これ幸い!!