BLOG

ブログ

「嫉妬心」との上手な付き合い方

はじめての心理学

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

「自分より同僚のほうが評価されている」

「同じクラスの子より学校の成績が悪い」

「チヤホヤされている人を見るとむかつく」・・・。

 

人は誰しも、こうした「嫉妬心」を抱えながら生きています。

嫉妬とは「他人の能力が自分よりも優れている」、

「他人のほうが第三者に愛情を向けられている」と

感じたときに起こる感情のことを指します。

劣等感」と言い換えることもできます。

 

今回は、この嫉妬心=劣等感と上手に付き合う方法を

心理学の観点からご紹介します。

 

 

嫉妬しているときの心の状態

 

心理学者アルフレッド・アドラーは、劣等感について

理想と現実のギャップから生まれる」と述べています。

つまり、自分が嫉妬の感情を向けている相手は

自分の理想や目標としている姿ということになります。

 

 

評価されたい。勉強ができるようになりたい。モテたい。

でも評価されていない。勉強ができない。モテない。

理想の姿と比較して現在の自分に不満や不足を感じているとき、

2つの気持ちの溝が深いほど、嫉妬心(劣等感)は強くなります。

 

 

嫉妬心を逆手にとって利用する

 

ところで、ヒトの文明ってすごく発達していると思いませんか?

 

ヒトはチーターより速く走ることはできません。

クマのような強い腕力もなく、クジラのように遠くまで泳げません。

 

ですが、ヒトは車や電車に乗ることで速く移動できます。

重い物を運ぶときはフォークリフトを使い、

船に乗って海の向こうまで行くこともできます。

 

このような発展は、「ヒトはほかの動物より劣っている」という

劣等感がバネになっていると考えることもできます。

嫉妬心の正体は、自分自身を成長させるための「気づき」なのです。

 

 

アドラー心理学には「自己決定性」という考え方があります。

困難に直面したとき、どう考えるか。どのように行動するか。

それを決めるのは他人や環境ではなく、自分自身だとする考え方です。

 

「どうせ自分なんて」「あいつが憎い」「環境が悪い」と考えるのか。

「目標に向かって頑張ろう」「自分を磨こう」と考えるのか。

どちらの考え方がより良い結果をもたらすでしょうか?

 

 

以上です。

ここまでお読みいただきありがとうございます!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村