BLOG

ブログ

レッテルを貼るのはなぜ危険?本当のデメリットについて

はじめての心理学

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

「◯◯さんはA型だから几帳面にちがいない」

「◯◯くんは大阪出身だから面白い人なんだろう」・・・。

こうした思い込みをすることを「レッテルを貼る」といいます。

※レッテル:オランダ語で「商標」「値札」などを指す。ラベル。

 

「他人にレッテルを貼ってはいけない」といわれることもあり、

一般的にネガティブなイメージのつきまとう言葉ですよね。

なぜ「レッテルを貼る=悪」とみなされているのでしょうか?

 

なぜ他人にレッテルを貼ってしまうのか?

人間は何かと思い込みをしてしまう生き物です。

なぜなら、脳が思い込みをしやすい構造になっているから。

 

人間の脳は常に膨大な量の情報を処理しています。

判断にかかる労力をなるべく省エネ化しようとしているので、

少ない情報でも「この人はこう」とつい決めつけてしまいます。

これが「レッテルを貼る」という考え方のメカニズムです。

 

 

ちなみに、

「男の子はスポーツが好き」「女の子は可愛い物が好き」など

固定化されたイメージのことをステレオタイプといいます。

 

レッテルを貼ることのデメリット

レッテルを貼ることで脳の活動を省エネ化しているのなら、

そんなに悪いことではないように思えますね。

では、なぜ「いけないこと」といわれているのでしょうか。

 

その理由は、最初の思い込みが覆りにくいことにあります。

たとえば「男の子はみんな戦隊ヒーローが大好きで、

リカちゃん人形で遊ぶのはごく一部の例外」と思っていませんか?

これは「男の子はこう」という自分の決めつけにとらわれ、

個人のことをきちんと理解できていないということなのです。

 

勝手な思い込みで相手のことを理解した気になっていると、

今後のコミュニケーションにも支障が出てきます。

もちろんレッテルを貼られたほうも良い気分にはなりません。

 

まとめ

レッテルを貼ること自体はそう悪いことではありません。

「もしかしたらこういう人かもしれない」と予測したうえで、

ステレオタイプに当てはまらない部分にもしっかりと目を向け、

個人としてきちんと理解することが大切なのだと思います。

 

次回は「初対面の人と仲良くなる方法」にしようかな・・・。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村