BLOG

ブログ

どうしてもやる気が出ないときの3つの対処法

はじめての心理学

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

 

「やらないといけないことがあるのに、どうしてもやる気が出ない」

「何も手につかないことにイライラして、余計に気分が落ち込む」

このような経験をしたことが、誰でも一度はあるはず。

 

 

「やる気が出ない」「何も手につかない」「気分が落ち込む」・・・

このような状態が続くとストレスがどんどん溜まっていき、

心だけでなく体にも影響が出る可能性があります。

 

たとえば、5月頃になると学校や会社に行きたくなくなる

いわゆる「五月病」は適応障害の一つ。

適応障害とは、特定の状況や出来事によって

不安・焦り・緊張などを感じ、抑うつ状態になることを指します。

 

このような状況に陥ったとき、どのように対処すればよいのでしょうか?

 

 

やる気を復活させる3つの方法

 

 

・「やらなければならない」と考えるのをやめる

「やらなければならない」と考えるのは、大抵真面目で責任感がある人です。

それは利点であり、自分自身を追い詰める欠点でもあります。

「やらなければ」という思考にとらわれていることに気づいたら、

まずは“完璧に”やろうとするのをやめてみましょう。

完璧にやろうとするあまり何もやり遂げられないくらいなら、

7~8割の完成度でもやりきってしまったほうがずっとましです。

 

・小さなゴールをたくさん作る

大きな目標に向かって突っ走る人も挫折しがちです。

なぜなら「達成感」というご褒美をもらえる回数が少ないから。

この場合は目標を小分けにすることをおすすめします。

目標達成までに必要な作業を一つひとつ、なるべく細かく洗い出し、

その課題を達成していくことでモチベーションを上げる方法です。

 

・相談できる人を見つける

「やる気が出ない」というのは自分自身の心の問題ですが、

だからといって自分一人だけでは解決できないもの。

信頼できる人に相談するのも一つの方法です。

もしもあなたが友人に相談されたら、「怠けているだけだ」などと

突き放さず、あたたかく話を聞いてあげてください。

その人は怠けたくて怠けているわけではないからです。

 

ちなみに、私は長年の友人に「何を言っても全部肯定してほしい」と

前置きしたうえで悩みを相談したことがあります。

めちゃくちゃスッキリしたのでオススメです。

 

 

以上です!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村