BLOG

ブログ

プラトー現象とは ~伸び悩みからの抜け出し方~

はじめての心理学

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

仕事、勉強、スポーツ・・・。

さまざまな場面で“伸び悩み”を感じたことはありませんか?

「努力が足りないのかも・・・」「自分には才能がない・・・」

そんな悩みを抱え、挫折を経験した人もいるかもしれません。

 

ですが、実はこの“伸び悩み”、

どんな天才でも必ずぶつかる「壁」なのです。

というわけで、今回はプラトー現象についてのお話をします。

 

 

プラトー現象とは

 

「プラトー」とは英語で「高原」を指す言葉です。

縦軸に上達度、横軸に学習量を示すグラフにおいて、

成長が停滞している状態が高原の形に見えることから、

プラトー現象または高原現象と呼ばれるようになりました。

 

 

つまりプラトー現象とは、

努力しているのに成長が感じられない状態のことをいいます。

 

プラトー現象はよく「スランプ」と混同されますが、

プラトー現象=成長を感じられなくなる状態

スランプ=これまでできていたことができなくなる状態

・・・という違いがあります。

 

 

プラトー現象をRPGにたとえると

 

『ドラゴンクエスト』にたとえてみましょう。

主人公である勇者は、最初はとても弱い存在です。

魔王を倒して世界を救うためには、

レベルを上げて強くならなければなりません。

レベルを上げるには、モンスターを倒して

「経験値」というものを手に入れる必要があります。

 

そして、勇者が強くなっていくごとに、

次のレベルに上がるために必要な経験値は増えていきます。

プレイヤーは「レベルが上がりにくくなったな」と感じることでしょう。

 

ですが、あきらめずに敵を倒し続ければ、レベルは必ず上がります。

しかも、これまでに獲得した経験値が無駄になることはありません。

これと同じことが現実のプラトー現象にもいえるのです。

 

 

プラトー現象に陥ったときにすべきこと

 

 

仕事・勉強・スポーツなどで伸び悩みを感じたとき、

最初にすべきなのは

「今はプラトー現象の期間なのだ」と自覚することです。

 

壁にぶつかると「才能がない」とネガティブになりがちですが、

そうではありません。

あなたがさらに成長するために必要な時間を迎えたのです。

 

伸び悩みを感じても努力をやめてはいけません。

ただし、ちょっとした工夫は必要です。

 

・新しいやり方を試してみる(場所や時間、方法を変える)

・目標を変えてみる

・どうしてもダメなら、期間を決めてちょっと離れてみる

 

こうした工夫によってプラトー現象を脱却することができます。

 

 

プラトー現象を抜け出した先に待っているのは新たな成長です。

これから新しいことにチャレンジする方も、

プラトー現象との正しい付き合い方についてぜひ知っておいてください。

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村