BLOG

ブログ

敬語のキホン~敬語は「3種類」から「5種類」に

円楽大学

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

 

「ご利用できません」「お客さまがおいでになられました」

・・・巷にはこんなヘンテコ敬語があふれています。

今回は使えているようで意外と使えていない「敬語」のお話です。

 

 

学生時代に国語の授業で習った覚えがある方も多いと思いますが、

これまでの敬語は「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類でした。

ところが、2007年に文化庁がまとめた「敬語の指針」では

「尊敬語」「謙譲語I」「謙譲語II」「丁寧語」「美化語」の

5種類に分けられるようになっています。

 

・・・いや「I」と「II」って何!? 「美化語」って何!?!?

 

というわけで、ここからはそれぞれの敬語について解説していきます。

 

 

敬語の基本 5種類について

 

 

・尊敬語

相手側または第三者の行為・状態などを指し、

その人物を立てるための敬語を「尊敬語」といいます。

【例】

「来る」→「いらっしゃる」

「食べる」→「召し上がる」

「お答えになる」「お越しになる」「話される」

 

・謙譲語I

自分側から相手側または第三者に向かう行為などを指し、

向かう先の人物を立てるための敬語を「謙譲語I」といいます。

【例】

「見る」→「拝見する」

「言う」→「申し上げる」

「もらう」→「いただく」

 

・謙譲語II

自分側の行為やものごとを指し、聞き手や読み手に対して

丁重に述べるための敬語を「謙譲語II」といいます。

【例】

「父が申しておりました」

「明日、田中様のお宅にまいります」

 

==================================

・謙譲語Iは「向かう先」に対して敬意を示す

・謙譲語IIは「相手」に対して敬意を示す

というのが見分け方のポイントです。

【例】

「先生のところに伺います」=先生に対して敬意を示している

「先生のところに参ります」=話の聞き手に対して敬意を示している

==================================

 

・丁寧語

読み手や聞き手に対して丁寧に述べるための敬語が「丁寧語」です。

「です」「ます」が丁寧語にあたります。

 

・美化語

美化語とはものごとを美化して述べるための敬語です。

「お手紙」「お土産」「ご連絡」「ご意見」というように、

はじめに「お」「ご」をつけることで言葉を美化します。

 

 

敬語について知ることが、美しい言葉遣いの第一歩

 

 

敬語の基本5種類についてきちんと理解できていれば、

状況に応じて敬語を適切に使い分けることができます。

自分の行為に対して尊敬語を使ってしまい、

「なんやコイツ」と思われる・・・ということもなくなります。

 

また、「一つの言葉に一つの敬語」というのが使い方の基本です。

たとえば「おっしゃられる」という言い方は、

尊敬語の「おっしゃる」と「られる」が重なっているので誤りです。

 

 

敬語の使い方をマスターするのは簡単ではありませんが、

正しく使うことで周りの印象が良くなることは間違いありません!

ぜひ普段の言葉遣いを見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村