BLOG

ブログ

【宣伝会議賞】協賛企業賞を受賞!!圧倒的なファクトを前に、レトリックは無力だ。

円楽大学

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

さて、今日は一つご報告から入りたいと思います。

私ライター2号、第59回宣伝会議賞にて、、、

 

 

 

 

 

協賛企業賞を受賞いたしました!!!

 

 

 

 

 

受賞したキャッチフレーズへの道筋。

 

選んでいただいたのは新潟県にあるナミクス株式会社様。

“半導体向け液状封止材”という分野で世界シェアの40%を占めていらっしゃいます。

 

 

今回の課題は

「世界の未来創造に貢献するナミックスで、誇りをもって働けるアイデア」というもの。

多くの課題が企業だったり商品だったりサービスだったりのPRにつなげるなか、

この課題ではいわゆるインナーアイデアが求められていました。

 

私はやはり、“世界シェアの40%”に注目せざるを得ませんでした。

半導体が生活のあらゆるシーンに浸透したこの時代に、世界の4割ですよ?

それってちょっとすごい…いや、とてつもなくすごいことだと思いませんか?

 

 

私はこの“世界シェアの40%”の意義をより高めることで、

社員の皆様の誇りにつなげたいと考えました。

 

そうしてたどり着いたのが、こちらのキャッチフレーズです。

 

 

 

 

 

世界の40%をこの620人が支えている。

 

 

 

 

選定に関わってくださったナミックス株式会社の皆様、

本当にありがとうございました!!!!

 

 

 

 

 

強力なファクトを前に、レトリックは無力だ。

 

もちろん、私が応募したのはこの1本だけではありません。

ほかにもたくさんのキャッチフレーズ、ラジオCM、テレビCM案を出しました。

あの手この手でおもしろいこと・うまいことを言おうと、試行錯誤を重ねました。

しかし、それらのコピーは消えていき、このコピーだけが残ったのです。

 

前々から感じていたことではありますが、やはりこう言えると思います。

「強いファクト(事実)のまえに、理屈や比喩は無力である」と。

 

 

コピーを書こうとすると、どうしても「うまいこと言ってやろう」という欲が生じます。

しかし、うまいこと言えたからといって人の心が動くとは限りません。

目的と手段を間違えず、最短距離で伝えたいことを正確に伝える。

そのうえで数字は大きな力を発揮するのです。

 

 

 

 

 

インナーコピーの主役は、クライアント自身である。

 

コピーというのは本当にいろんな種類があります。

物を売ることだけが、コピーライティングの目的ではありません。

 

今回のようなインナーコピーの場合は、

その会社やそのチームでやってきたこと・やっていること・やっていくことに、

確固たる誇りや希望をもてるような言葉が求められるのです。

 

 

 

受賞のご連絡を受けた私は、「ありがとうございます」と同時に

「おめでとうございます」という気持ちが湧いてきて、

そのことを受賞コメントに書かせていただきました。

 

主役は私ではなくナミックス株式会社の皆様だからです。

 

 

 

 

 

“世界40%の会社に選ばれた者”としての責任をエネルギーにかえて。

ライター2号、これからも精進してまいります!!!!!