BLOG

ブログ

兵庫県西宮市の廃線跡がノスタルジック!【気軽に本物大自然】

ご近所さん紹介

どうも、こんにちは!
大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです!

 

 

今回は兵庫県西宮市についてのご近所さん紹介です。※ご近所さんカテゴリーはその紹介範囲が広がりました!

 

 

西宮って多くの人は阪急西宮ガーデンズや甲子園球場をイメージしますよね?確かにその通りなのですが、そういった一般的なイメージは南側の話なんですよね。西宮は縦に長く、間の真ん中には標高930mの六甲山と呼ばれる山があり地域を中央で分断しています。西宮市を北と南で分けることができるんですよね。

 

 

南側は学校やショッピングセンター、球場などあって何でもある都会的なイメージ。

逆に北側は山が多く自然豊かなベットタウン。こんな感じです。

 

 

ということで今回はそんな西宮市にある秘境をご紹介しようと思います!

 

 

秘境:旧国鉄の福知山線廃線跡!

 

 

みなさんが持っているイメージとは違い、西宮市には上記画像のような場所があります。多くの人がイメージする西宮とはまるで正反対の雰囲気ですよね。ここは福知山線廃線跡と呼ばれるところで、土日の昼間は家族・カップル・ツアー・友達同士とがハイキングを楽しむ老若男女でいっぱいになります。

 

 

昔はディーゼル列車が走っており、線路の枕木なんか当時のままです。山の間の廃線跡を歩くだけあって、たくさんのトンネルを抜けていきます。街灯などは無いので、懐中電灯もしくはスマホのライトは必須です!

 

 

ほとんどのトンネルはそこまで長く無く、入り口と出口からわずかに光が入るので、まだライト無しでも大丈夫なんですが、2番目のトンネル。あのトンネルだけは注意が必要です!※生瀬駅からスタートした場合です。

 

 

というのも、とにかく長い!そして真っ暗!2番目のトンネルはかなり長く、その長さ全長420m!しかも途中でカーブを描いているので、入り口と出口から全く光が入らなくなります。

 

 

みなさん、本当の「闇」を体験したことがありますか?

 

 

夜に電気を消して真っ暗…とは全く違う完全なる闇の世界です。本当に方向感覚が狂い、聞こえるのはどこからか漏れ出ている水の音と、自分の「ザッザッ」という足音だけ。なかなかマニアックな感覚です。

 

 

具体的にどうだと聞かれるとちょっと説明するのは難しいです。三半規管がバグるというか距離感がつかめなくなるというか。

 

 

恐怖にも似た感覚が沸き上がってきます。※懐中電灯をつけながら歩くとこの感覚は現れません。

 

 

美しい被写体がたくさん!【インスタ映えも!】

 

 

 

 

写真はご用意できなかったですが、線路の横には美しい武庫川が勢いよく流れています。子供のころ友人たちとこの川で泳ぎ、私だけ流されたことがありました。泳いで(流されて?)100mほど下流で生還しましたが、ヨイ子は絶対に川に入らないようにしてください。流れはかなり急で危ないです。

 

 

また、対岸の山ではロッククライミングをしている人もいます。その方面に詳しくはないのですが、かなりの高さですし大自然の中なのでロッククライミングとしては本格的なものじゃないでしょうか。もし見つけたら遠くから声をかけて応援してあげましょう。

 

 

さらに武庫川を眺めながら歩いていると、一際目立つやたらと大きな岩があります。どれくらい…と言われてもとにかく大きい!としか言えません!歴史的に意味のある岩なんですが、「ブログに書くにはちょっと…」といった内容なので気になる人は自分で調べてみてください。

 

 

とまぁ、このように迫力ある美しい大自然をたくさん味わうことができ、心が癒されます!ちなみに歩いた先の武田尾には豪華な旅館や日帰り温泉などもありますので、予約しておくのもいいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

たまには人工から離れて自然を浴びよう!

 

 

ということで、今回は西宮市の秘境:福知山線廃線跡について簡単に紹介してみました。大阪から30分ほどで生瀬という駅に到着し、そこから10分ほど歩いて秘境への冒険がスタートします。

 

 

起伏もほとんどなく、気持ちよく枕木の上を歩いていけます。さすがにヒールでは無理でしょうが、スニーカーにジーパンでも問題なしです。気軽に本物の大自然を楽しめますので、ぜひ大切な人や仲間と行ってみてください。癒されること間違いなしです!

 

 

 


人気ブログランキング