BLOG

ブログ

夏の最強シューズの紹介【メンズ】

モノ派

どうも、こんにちは!

ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです!

 

 

夏ってなんだかオシャレしにくいな~って思いませんか?高温多湿の日本の夏では暑すぎてオシャレなんかしてられないですよね。そして多くのメンズがTシャツに半パン、サンダルというスタイルになっていく。

 

 

動きやすくて快適なんですけど、どうしても子どもっぽくなってしまいます。革靴とかシャツとかスラックスのような大人っぽいアイテムは中々使いにくい季節ですよね。革靴なんかは蒸れやすいですし。

 

 

オシャレのポイントはよく先端だといいますが、その中でも靴はオシャレポイントのウェイトを結構な割合で占めるかと思います。夏のラフな服装にサンダルでは何かキマらない。かといってビジネスでもないのに革靴を履くのも蒸れやすいので、できれば避けたい。

 

 

なら、夏でも超快適に履ける革靴があればいいと思いませんか?あるんです!それがエスパドリーユという靴です!

 

 

GUのメッシュニットエスパドリーユ

 

 

もともとはヨーロッパの農民が使用していた作業靴なんですが、作業靴であるがゆえの使いやすさがこの靴にはあります。麻なんかの素材でつくられていることが多く、革靴のように蒸れないんですよね。でも見た目は遠目で見ると革靴に見えちゃうんです。

 

 

理由はエスパドリーユの形にあります。エスパドリーユは気楽に履ける靴ということで、かかとを踏んで履くこともあるんですよね。かかとを踏むとどうなるか?足と靴を固定する面積が少なくなるので、当然すっぽ抜けやすくなります。だから、すっぽ抜けないように靴全体の形を細身にしているんですよね。

 

 

そうすることで、足全体にフィットさせてすっぽ抜けないようになっています。この細身である形が革靴の印象とほとんど変わらないんです。なのに蒸れない。熱を逃がす。毎年夏にサンダルばかり履いていた人は、サンダルをそのままエスパドリーユに変えるだけで一気にオシャレになると思います。ヨーロッパのオシャレ親父のような余裕が醸し出されます。

 

 

しかもエスパドリーユはどれも安い。ハイブランドのものでも思ったより高くないんです。たとえば、スペインにあるエスパドリーユの老舗ブランド「カスタニエール」では、1万6000円とか。高くてもそんなもんです。これがNIKEのちょっといいスニーカーなら2万越え、革靴なら10万越えとかザラです。※NIKEや革靴を否定しているわけではありません。あくまでエスパドリーユの価格の安さを比較するためです。

 

 

カスタニエールのエスパドリーユ

 

 

高価な素材を使う必要もなく、形状もシンプルなので安くできるんですよね。そして、GUは1500円ほどです。私は両方持っていますが正直カスタニエールのものと比べてパッと見では違いがありません。確かに細かな部分の違いはありますが、もともと差別化しにくい靴なんで、ほとんど違いが出ないんですよね。

 

 

一部ハイブランドのものは、ロゴやデザインで特徴的に作られていますが、「革靴のように見える細身でオシャレなエスパドリーユ」なら、GUで問題ないと思います。安いので気兼ねなく踵を踏んで履けますしね。以上、「夏の最強シューズの紹介」でした。

 

 

 


人気ブログランキング

 

画像参照サイト

GU:https://www.gu-global.com

カスタニエール:https://www.castaner.com