BLOG

ブログ

NEVERLAND, EPCOTIA, WORLDISTA, そしてSTORY。NEWS4部作完結!(ヲタ全開)

いろいろ

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

手越さんが脱退してから初のライブでもあり、4部作の集大成でもある

『NEWS LIVE TOUR 2020 STORY』

 

このコロナ禍において、私を外出せしめる唯一無二の理由。

ということで万全の対策をして行ってきましたのでレポします。

※このライブは蔓延防止措置発令前に開催されました。

 

 

 

★気になったこと★

 
 

まず気になったことから。

運営側もかなり対策を徹底しており、手指消毒プラス検温の後に

スマイルアップシールド(マスクにセットして顔の上半分を

カバーするフェイスシールドのようなもの)をくれるのですが、

アナウンスでも「ぜひご利用ください」と言われているにも関わらず、

付けている人が1,2割くらいしかいませんでした。

クラスターが起きたら今後のコンサートを自粛しないといけなくなるかもしれないのに・・・。

みんなを守るために運営側が考えてくれたことなのに・・・。

と少しモヤモヤしました。

 

あいにく黄砂のせいで曇って見えますが桜は満開で綺麗でした。

 

あとゲートまでの入退場時。

「片側通行で~す!」「左側を歩いてくださ~い!」

と係りの人が言ってるのに、まあ右側歩く人の多いこと・・・。

今後の会場ではこんなマナー違反をする人が少ないことを祈ります。

でも気になったのはそれくらいで、一部問題になっていた手越のうちわを

持って来るようなファンも私が見た限りではいませんでした。

 

 

 

 

 

★最高だったこと★

 
 

ここ長くならないように気をつけようとは思いますが多分無理ですすみません。

セトリはネタバレを極端に嫌う方もいらっしゃるので伏せますが、まあだいたい

アルバム『STORY』を聴いておけば大丈夫です。

 

少しですが『STORY』以外のアルバムからの選曲もありました。

手越さんの歌のうまさを最大限アピールするための曲だな・・・と

思う曲がいくつかあるのですが、もう二度と聴けないんだろうなと

思っていたそういう曲も歌ってくれたんです!!!!!!!

手越の高温パートはだいたいまっすーかシゲが歌ってました。

キーを下げることなく歌いきった。素晴らしかった。

「俺らだって出来るわ!!」という意地を感じた。かっこよすぎて泣いた。

現れた瞬間から泣いてたけども。さらに泣いた。

まっすーはいつも以上に飲み物を口にする機会が多かったので、多分喉の調子

悪かったんじゃないかなと思います。曲と曲の間だけじゃなく、曲中で他のメンバーが

歌うパートのときにも飲んでいたので相当しんどかったんじゃないでしょうか・・・。

それでも、魂をこめた歌唱で、胸を打つ素晴らしいパフォーマンスでした。

 

手越さんのビブラードきかせまくりの歌い方もパンチがあっていいですけど、

私はまっすーの素直でまっすぐな(同じか)歌い方が好きです。

NEWSを知るきっかけをくれたのは手越さん。

でも、NEWSの沼にどっぶり浸かって抜け出せないようにしたのは増田さん。

だから、まっすーがいてくれさえすればそれは私にとってNEWSなんです。何人になろうと。

NEWSはまた一人欠けたんじゃない。削ぎ落とされて研ぎ澄まされただけ。

 

クローバーという曲はメンバーが作詞した曲なんですが、スクリーンに出てきた

文字を見た瞬間分かりました。本人の手描き!

本来なら手越さんが歌っている部分は音だけを流し、メンバーがステージ上を移動して

センターに集まる時間として使われてました。

このとき、慶ちゃんと目配せしたシゲの目がウルッとしていたような。

 

 

あとシゲアキ先生のソロがすごかった!

コンテンポラリーダンスっていうんですかね、ちょっと変わったダンスで

アーティスティックなシゲが大爆発してました。

現代美術を見ているような(なんかよく分からんけどパワーは

感じるよすげぇよ!という)気持ちになりました。

 

最後の挨拶で、立ち止まることなく円形に歩きながらしゃべるまっすー。

「みんな増田のこと見たいでしょ?後ろ姿ばっかりじゃ嫌でしょ?」っていう

ファンへの配慮だよねあれ。好き。緑色の髪の毛も似合ってた。好き。

 

 

 

 

★印象的だったこと★

 
 

二人組のお客さんが帰り際に

「心配してたことをすべて安心に変えてくれたコンサートやったね」

と仰っていて。

心の中ではげしく同意しました。

NEWSありがとう。安心させてくれてありがとう。

日々を生き抜く活力を与えてくれてありがとう。

彼氏にコンサートのことを興奮気味に伝えるも「きも」と二文字で片づけられても、

私はずっとNEWS増田貴久が大好きです。

 

以上です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 


人気ブログランキング