BLOG

ブログ

GWの休みで脱コーヒーを目指す

いろいろ

どうも、こんにちは!
ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです!

 

 

明日からゴールデンウィークですね!今年のGWも1週間以上ある人が多いんじゃないでしょうか?これだけ休みがあれば、何かに挑戦しようと思う人も出てくるはず!仕事の勉強、禁煙、肉体改造、語学学習….まとまった時間を使って、前からやりたかったことに集中して取り組むことができますよね。

 

 

ということで、私はこのGWを使って「脱コーヒー」を目指したいと思います。カフェイン断ちすると、とてもいい影響があるらしいのです!

 

 

脱コーヒーのメリット

 

 

 

様々な不調が改善されるようです。実は過去に一度脱コーヒーを成功させてるんですが、本当に調子よくなりますよ。

 

 

まず寝付きと寝起きが各段に向上します。10代から大量にコーヒーを飲み続けていたんですが、こんなにグッスリ眠れてスッキリ起きれた日が今まであった???と思うくらい眠りの質が改善されます。

 

 

当然質のいい睡眠がとれると日中の作業効率は爆上がりします。コーヒーを飲むのをやめているとき疲れ知らずで朝から晩まで120%のパフォーマンスを発揮できていました。脳や視界のクリア感もUPしますし、いいことだらけです。

 

離脱症状をGWで乗り切る!

 

 

 

脱コーヒーをすると、離脱症状が起きるんです。これは個人差があると思いますが、基本的にはコーヒーを普段どれだけ飲んでいるかで変わってくるかと思います。私は現在1日に1L以上飲んでますので…その離脱症状はとんでもないと思います。

 

 

以前脱コーヒーしたときも、最初の1日目2日目は何もできませんでした。眠気と頭痛がとんでもないんです。尋常じゃありません。コーヒーを飲まないだけで何もできなくなります。

 

 

これが平日だったり土日の2日間だけで脱コーヒーしようとすると、明らかに仕事に支障がでます。なので、GWの長期休暇を利用して離脱症状中はひたすら家で寝ようという作戦です。緊急事態宣言でてますし、この機会を逃すわけにはいきません。

 

 

ただし…コーヒーを飲むことにもメリットはある

 

 

 

コーヒーって抗酸化作用があるんですよ。字のとおり「酸化に抗う作用」があるんですよね。酸化とは、簡単にいえば鉄がサビることと同じです。鉄が酸素と結合するとサビるんです。

 

 

人間の体も同じでサビるんですよ。老化ともいえます。それを防ぐのがコーヒーの抗酸化作用です。なので、コーヒー飲むと老けにくいんです。つまり、コーヒーを飲むか飲まないかは、若返りを取るか、脳のクリア感を取るか….という究極の選択なんです!(暴論?!)

 

 

 

 

愛すべき珈琲よ、さようなら。

以上、ご覧いただきありがとうございました!

 

 


人気ブログランキング