BLOG

ブログ

9月になったので「月」の話をします

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

 

まだまだ残暑が続いていますが、季節はもう秋。

9月のイベントといえば、

旧暦8月15日(今年は9月21日)の月見があります。

ススキを生け、月見団子や里芋を供えて満月を愛でる行事です。

 

こうした風習から、日本には

「月」にまつわる言葉がたくさんあります。

今回は角川書店『俳句歳時記』からその一部をご紹介します。

 

 

旧暦8月15日の月

 

 

旧暦8月15日に出る満月は「中秋の名月」と呼ばれています。

「今日の月」という場合も旧暦8月15日の月を指します。

 

けふの月長いすゝきを活けにけり 阿波野青畝

 

また、旧暦8月15日は晴天になることが少ないため、

“月が見えない状態を指す言葉”もあります。

 

いくたびも無月の庭に出でにけり 富安風生

五六本雨月の傘の用意あり 日野草城

 

「無月」は月が雲に隠れて見えない様子を、

「雨月」は雨が降って月が見えない様子を指す言葉です。

 

 

旧暦8月15日以外の月

 

秋の月は旧暦8月14日から1日ごとに

それぞれ異なる名前がつけられています。

特におもしろいのが「待月シリーズ」(※勝手に命名)。

 

・立待月(たちまちづき)

旧暦8月17日の、立って待つ月のこと。

・居待月(いまちづき)

旧暦8月18日の、座って待つ月のこと。

・寝待月(ねまちづき)

旧暦8月19日の、寝ながら待つ月のこと。

・更待月(ふけまちづき)

旧暦8月20日の、夜更けまで待つ月のこと。

 

1日ごとに月の出が遅くなるのを惜しみ、

それぞれ名前を変えて愛でていたのだそうです。

 

 

なぜ秋に月見をするの?

 

 

ところで、満月は季節を問わず約29.5日周期で現れます。

では、なぜ9月の満月だけを特別に愛でる風習があるのでしょうか?

それはもちろん「秋の月が一年を通して最も美しいから」です。

秋の月が美しく見える理由はいくつかあります。

 

一つ目の理由は「月の通り道」です。夏の月は空の低い位置を通りますが、

地表に近いと塵(ちり)によってきれいに見えなくなります。

(いわゆる「赤い月」も同じ原理で赤く見えています)

一方、冬の月は高い位置を通るのできれいには見えますが、

高すぎるとそもそも「鑑賞しにくい」という問題が出てきます。寒いし。

 

月が高すぎず低すぎない位置を通るのは春と秋です。

「じゃあ春の月でもいいのでは?」と思うかもしれませんが、

春は大気中の水分量が多いため、月がかすんで見えてしまいます。

(春に見られるかすんだ月のことを「朧月」といいます)

この「大気との関係」が二つ目の理由です。

 

 

以上です!いかがだったでしょうか?

ちなみに旧暦7月15日の月を指す「盆の月」という言葉もあります。

昔の人は一ヶ月も前から月見を楽しみにしていたんですね。

なかなか外に出にくい状況ではありますが、

夜にちょっとベランダに出て、空を見上げてみては?

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村