BLOG

ブログ

英語の苦手意識を克服しよう!

いろいろ

どうも、こんにちは!
ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです!

 

 

今回は「英語の苦手意識を克服する3つの考え方」をご紹介します。日本人は英語が苦手な人が多いと言われていますが、それはスキルの問題ではなく、マインドの問題です。ということで、その凝り固まったマインドを解放していきましょう!

 

 

①そもそも中学で3年間は英語に触れている

 

 

中学でまともに授業を受けていなかったとしても、少なくとも3年以上、英語に触れているはずです。「this is a pen」とか「I am happy」とか「I love you」とか、それくらいの英語なら誰でも理解できるでしょう。そして、それが理解できるなら英語は使えます。英語を使うことに難しくある必要はないんです。

 

 

②発音なんてどうでもいい

 

日本人に多いパターンがこれです。発音をネイティブと同じレベルにまでしないと恥ずかしくて話せない。そして自慢できるレベルの発音になって初めて人前で積極的に話すようになる。そんなレベルに到達するまでには相当な時間と労力がかかります。

 

 

「日本にいる外国人が100%ナチュラルで日本語を話していないとおかしいか?」と聞かれれば、全くそうは思わないはずです。また、英語には方言のようにその国独特の“癖”みたいなものがあり、中国人が話す英語はチャイリッシュ、シンガポール人が話す英語はシングリッシュ、日本人が話す英語はジャパリッシュ、のように正式な区別ではありませんが、現実にはそのように分けることができます。日本語の発音だって地域や年代によって変わってきますよね。

 

 

早い話がここを目指すべき!

 

 

③難しい単語は使わなくていい

 

これも多い勘違いです。受験勉強で必死になって覚えた英単語。それを使わないといけないという勘違いがあるんです。このマインドを解除してあげないと、なかなか積極的に英語を使っていくことはできないでしょう。

 

 

たとえば「commute」という単語。「通学する」という意味がありますが、会社に行くことをわざわざ「I commute」とするのは固すぎるでしょう。中学で習った単語を使えば、もっと簡単にシンプルに表現できます。「I go to work」これで十分です。

 

 

このように日常英会話で使用する単語のほとんどは、みんな頭の中にあるはずなんです。行くならgo、食べるならeat、時間ならtime、忙しいならbusy。単語だけでも何となく通じますし、文として組み立てるにしても少し肉付けするだけです。今すでに持っている英語のスキルでたくさんアウトプットしていけば、すぐに英語を使える人になれます。

 

 

以上、英語の苦手意識をなくす考え方でした!英語は旅先でのコミュニケーションツールとしてだけでなく、ネットでの情報収集においても精度と量の面で圧倒的に有利に立つことができます。なので、やっぱり世界共通語の英語スキルはあったほうが得です。ぜひ今回の記事をきっかけに改めて学習してみてはいかがでしょうか?

 


人気ブログランキング