BLOG

ブログ

最近話題のプラントベースについて

いろいろ

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

最近雑誌などでも目にするようになった「プラントベース」という言葉。

プラントから想像がつくかもしれませんが、定義は「全て植物由来原料から作られた食品、 またその殆ど大部分が植物由来原料から作られた食品」です。

ヴィーガンと異なるのは、植物由来の食品を食べる動機の部分。

ヴィーガンは動物を殺さない・食べないという脱動物搾取が目的であるのに対して、プラントベースは植物を積極的に摂取することで得られる健康増進・環境負担軽減が目的なのです。

そこで、本日はプラントベースの商品を実食してご紹介します。

 

 

これが大豆!?手羽先味

 

 

手羽先というか・・・から揚げの切れ端の時間経ったやつって感じですね。

スパイス強めです。

好きな人は好きなんでしょうが私はリピはないかな・・・。

 

大豆からつくったボロネーゼ

 

 

 

安いし低カロリー・低糖質!

大豆ミートのひき肉ですが普通のボロネーゼと比べても遜色ない味。

トマトの旨味がしっかり活かされています。

 

 

まるでお肉! 大豆ミートのからあげ

 

 

ややパサつきはあるものの、にんにくとしょうがの風味で本物のからあげに近いと思います。

低コレステロールなのが嬉しい。

自分でわざわざ大豆ミートでからあげをつくったこともあるのですが、これだったらチンするだけでラクチン。

ちなみにこの伊藤ハムのまるでお肉!シリーズはハムカツや肉団子甘酢あんなどいろんな種類があります。

 

 

 

フレッシュネスバーガー Soyテリバーガー

 

大豆パティをテリヤキソースで味付けし、低糖質のバンズで挟んだバーガーです。

バンズは通常のものと比較すると45%も糖質カットできているんだとか。

ありがたい・・・。

パティはDAIZ社のミラクルミートというものを使用しており、お肉って言われれば全然疑わないんじゃないかなというほど肉に近いです。

モスバーガーやロッテリアにも大豆パティを使ったバーガーはありますので、食べ比べしてみるのもいいかもしれませんね。

 

無印良品 大豆チップ うま味醤油

 

 

味はともかく、タンパク質が15,5gも摂れるんです!

大豆チップのなかではまあまあおいしい方かと思います。

ジャンキーなおやつと比べてしまうとさすがに味は劣りますが・・・。

 

以上です。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 


人気ブログランキング