BLOG

ブログ

ニワカ、「大阪杯」を語る。

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

最近「ウマ」がアツイ!!(※私のなかで)

ということで、4月4日に阪神競馬場で開催された

中央競馬の重賞競走「大阪杯」のお話をさせていただきます。

 

 

大阪杯とは?

 

 

競馬のレースには「◯◯賞」とか「◯◯記念」とか

「◯◯ステークス」といった名前がそれぞれ付けられています。

大阪杯は芝2000mで行なわれるG1レースです。

 

「重賞」のなかで最もグレードの高いレースをG1といいます。

重賞とは「回を重ねて賞を行なう」という意味で、

毎年一定の時期に一定の条件で繰り返し行なわれるレースのこと。

重賞には「G1」「G2」「G3」のグレードがあり、

G3<G2<G1の順で格上になります。

グレードが高くなればなるほど

優勝したときに支払われる褒賞金が高くなるので、

G1レースには必然的に強い馬が集まります。

 

また、G1レースが開催されるのは年22回。

性別や年齢などの制限が設けられているため、

一生に1度しか出走できないレースもあります。

G1で優勝できるのは、年間生産される競走馬のうち

単純計算でわずか0.3%といわれています。

 

 

競馬の距離は5種類

 

 

大阪杯は「春の中距離路線の最強馬決定戦」といわれています。

現在、競馬の距離は5種類あります。(※国内の場合)

 

・短距離(1000m~1400m未満)

・マイル(1400m~1800m未満)

・中距離(1800m~2200m未満)

・中長距離(2200m~2800m未満)

・長距離(2800m以上)

 

大阪杯は芝2000mなので「中距離」にあたります。

 

ちなみに、同一年に大阪杯・天皇賞(春)・宝塚記念を

3連勝した馬を「春古馬三冠」と呼びます。

天皇賞(春)は芝3200mの長距離レース、

宝塚記念は芝2200mの中長距離レースです。

つまり、中距離~長距離を走り切らないといけないので

春古馬三冠になるのはめちゃくちゃ大変なのです。

2017年にはキタサンブラックが王手をかけましたが、

宝塚記念で負けてしまったため達成できませんでした。

実は、春古馬三冠を達成した馬はまだいないのです。

 

 

大阪杯で優勝したレイパパレは、なんと無傷の6連勝中。

4馬身差をつけての圧勝でした。

次走は未定だそうですが、これからの活躍に期待ですね!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村