BLOG

ブログ

勝手に予想!2020年の新語・流行語大賞!

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

昨日、「新語・流行語大賞」の候補30語が発表されました。

「今年ももう終わりかぁ」という感じがしますね~~~。

 

ノミネートされた30語はこちら。

 

・愛の不時着/第4次韓流ブーム

・新しい生活様式/ニューノーマル ★

・あつ森

・アベノマスク ★

・アマビエ ★

・ウーバーイーツ

・AI超え

・エッセンシャルワーカー ★

・おうち時間/ステイホーム ★

・オンライン◯◯ ★

・顔芸/恩返し

・カゴパク

・鬼滅の刃

・クラスター ★

・香水

・Go To キャンペーン ★

・3密(三つの密) ★

・自粛警察 ★

・Zoom映え ★

・総合的、俯瞰(ふかん)的

・ソーシャルディスタンス ★

・ソロキャンプ

・テレワーク/ワーケーション ★

・時を戻そう

・NiziU(ニジュー)

・濃厚接触者 ★

・BLM(Black Lives Matter)運動

・PCR検査 ★

・フワちゃん

・まぁねぇ~

(★マークは新型コロナウイルス関連のワード)

 

「やはり」といいますか、コロナ関連が多いですね~。

それでも半数にとどまったあたり、恐怖や不安を抱えつつも

日常を忘れない、人々のたくましさを感じられました。

 

以下、個人的に気になったワードをピックアップ。

 

・あつ森

「あつ森」ことゲーム『あつまれ どうぶつの森』。

2020年10月時点で累計販売本数588.6万本を記録し、

歴代1位の『スーパーマリオブラザーズ』(約681万本)を

追い抜くのではないかと各メディアでも報じられています。

 

筆者ものんびりプレイしております。

季節に合わせて景色が変わっていくのがいいんですよね~。

あと天候の変化も細かくて、流れてくる雲の量や風向き・強さ、

雨の降り方なんかを観察しているだけでも楽しいです。

先日は大嵐が襲来するなか島の飾り付けに奔走していました。

 

「凶暴な犬を飼っている」という設定で飾り付けた住民の家。
近所にイヌ系住民が住んでいるので、毎日ケンカしているかもしれない。
そういう想像が膨らむのも「あつ森」の面白いところ。

 

・オンライン◯◯

「オンライン面接」「オンライン飲み会」「オンライン授業」など、

これまで対面だったものがネット上に場を移すようになりました。

 

先日Twitterで「オンラインコスプレ大会」と称し、

テーマに沿って好きなキャラクターのコスプレをして楽しむという

イベントをやっている方がいて、「楽しそうだな~!」と思いました。

 

今後さまざまな「オンライン◯◯」が出てくるかもしれませんね。

たとえば「オンライン婚活」とか。多分もうあるな・・・

 

・鬼滅の刃

もはや社会的ブームを巻き起こしている『鬼滅の刃』。

この作品の経済効果に多くの業界が救われていると思います。

「この時期に流行してくれてよかった」とはいいませんが、

もし2~3年前後していたら違った結果になっていたかと・・・。

 

・ソロキャンプ

要するに「一人でキャンプをすること」。

最近でいうと嵐の大野智さんがだいぶハマっているみたいですね。

一人だからソーシャルディスタンスを保てるというところも、

流行している要因の一つかもしれません。

 

 

・時を戻そう

・まぁねぇ~

こちらはお笑い芸人からのノミネート。

どちらも使いやすいフレーズではありますよね。

特に「時を戻そう」は、「スベリ=死」を意味する大阪府民によって

まさに救いの言葉となっているのではないでしょうか。

 

 

以上です!!

気になるTOP10は12月1日発表とのこと。

どの言葉がランクインするか予想してみては?

 

ちなみに筆者のTOP3予想は、

1位:ソーシャルディスタンス

2位:鬼滅の刃

3位:オンライン◯◯

です!!

(多分コロナ関連以外の言葉も入れてくるだろうな・・・と・・・)

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村