BLOG

ブログ

水アカをやっつけよう!

いろいろ

どうも、こんにちは!
ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです。

 

 

お風呂の鏡や蛇口などの水アカ汚れ。泡でゴシゴシ洗っても一瞬キレイになったかと思えば、乾くとまた白っぽい水の跡が浮かんできます。まめに掃除していても、いつの間にか付着していて非常にやっかいです。でも実は簡単な方法でキレイに落とすことができます。

 

 

今回は、そんな水まわりに付き物な水アカの落とし方についてご紹介します。特に鏡や蛇口などの光物は、水アカを落としてあげるだけで新品のような輝きを取り戻しますので、ぜひ試してください。

 

 

あの白い汚れは何なのか?

 

 

原因①水道水
鏡や蛇口にこびり付いている白い汚れは、水アカと呼ばれるものです。水には微量のミネラルが含まれており、それらが少しずつ付着し乾くことで結晶化、白い汚れとなって浮き出てきます。

 

 

原因②石鹸
ボディソープやシャンプー、石鹸などが付着し、水道水のミネラルと反応することで固着し白い汚れとなります。

 

 

水アカ汚れの原因は、上記の2つです。そして、この2つの汚れは見た目は同じですが、落とし方が違います。

 

原因に合わせて汚れを落とそう

 

 

水道水の水アカ汚れはアルカリ性で、石鹸カスの汚れは酸性になります。これを中和させれば汚れが落ちやすくなるので、アルカリ性の水道水には酸性のクエン酸を、酸性の石鹸カスにはアルカリ性の重曹を使うことが効果的です。

 

 

クエン酸も重曹も100円ショップで売ってますので、それを水に溶かしスプレーすればOK!これで自宅の水まわりはピカピカになるはず。もちろんスプレー後はちゃんと水洗いしてくださいね。洗い流してタオルで水分をふき取ってあげると、ビックリするくらいピカピカになります。

 

注意点

 

 

ただしクエン酸に関しては使用に注意が必要です。お風呂場で使うことのあるカビキラーなどの洗剤は塩素系です。塩素と酸性のクエン酸を混ぜてしまうと有毒ガスが発生するので、同時に使用しないよう気を付けましょう。

 

 

またクエン酸は鉄などの錆びやすい素材に使用すると簡単に錆びを進行させます。錆びは物質が酸素と結合することで起こる、酸化した状態です。クエン酸は酸性なので鉄と結合し酸化させてしまうのです。さらに曇り止め加工された鏡などには使用しないほうがいいです。曇り止め効果を分解し、鏡がより汚くなってしまう恐れがあります。

 

 

上記の注意点さえ守れば基本的には人・物に優しい使いやすいものですので、落ちなかったあの汚れに一度試してみてはいかがでしょうか?

 

以上、「水アカをやっつけよう」でした!

 


人気ブログランキング