BLOG

ブログ

流行りの「パーソナルカラー診断」受けてみた

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

先日、パーソナルカラー診断を受ける機会があったので、

そのときの様子とその後の感想(?)についてお話しします!

 

 

そもそも「パーソナルカラー診断」って何や

 

パーソナルカラー診断とは、自分に似合う色を見つけるための診断です。

たとえば同じ日本人でも、髪・瞳・肌などの色は少しずつ違います。

一人ひとりの個性にマッチする色を導き出すのがパーソナルカラー診断です。

 

パーソナルカラーには、まず大きく分けて

「イエローベース」と「ブルーベース」の2種類があります。

温かみのある黄色っぽい色が似合うのがイエローベース(イエベ)、

涼しげな青みがかった色が似合うのがブルーベース(ブルベ)です。

 

さらにイエベは「スプリング(春)」と「オータム(秋)」、

ブルベは「サマー(夏)」と「ウィンター(秋)」に分けられます。

 

(画像はORBISから拝借)

 

ここからさらに4分割して最終的に16種類になるそうなのですが、

今回の診断では4種類のなかから似合う色を探してもらいました。

 

 

診断を受けてみての感想

 

診断の結果、筆者はウィンタータイプでした。

ワインレッドや深緑のような華やかな色が似合うそうです。

 

診断後にもらった色見本。

パーソナルカラー診断では、さまざまな色のドレープ(布)を

顔の下に当てて似合う色を探していくのですが、

淡い色だと物足りなく、濃い色だと顔色が良く見えました。

 

ちなみに、診断を担当してくれたスタッフさんいわく、

自分のタイプ以外の色も雰囲気を演出するのに役立つのだとか。

たとえば、元気で若々しいスプリングタイプの色が似合う人が

爽やかで冷たい印象のサマータイプの色を使うと、

儚げな雰囲気に見せられるそうです。

 

 

パーソナルカラー診断を受けてみて良かったのは、

服やコスメなどを選ぶときの幅が広がったことです。

今までは「こういう色が好きだな〜」とフィーリングで

選んでいたのですが、鮮やかな色が似合うとわかったために

「こういう色も似合うかも」と手に取ることが増えました。

筆者はスタッフさんから激推しされたバーガンディのリップを早速買いました!

 

「興味があるけど迷っている」という人は

勇気を出して診断を受けてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村