BLOG

ブログ

集中する方法

いろいろ

どうも、こんにちは!

ホームページ制作会社の株式会社エンジョイワークスです!

 

 

今回は集中力についてです。集中力があると無いとでは人生において大きな差が開くと言われています。

 

 

たとえば受験勉強。みなさんは疑問に思ったことがありませんか?帰宅部の生徒が勉強漬けで1年2年と常に学年トップをとっていたのに、3年で野球部が抜かしていたなんてこと。圧倒的に勉強している量は帰宅部のほうが多いはずなのに、なぜか3年の夏が終わってから野球部の成績が急上昇するんです。

 

 

この理由はシンプルで集中力です。集中力をモノにすると、小さな時間で大きな成果を出すことができます。そしてそれは人生の節目という瞬間において、とても重要な力となります。受験勉強に限らず、社会に出てからも同じです。社会に出てからのほうが人生は長いので、早い段階でこの集中力をコントロールする術を身に付けると、人生のコスパは良くなるんじゃないかと思います。

 

 

しかし、現代人の集中力は8秒ほどだと言われており、年々低下しているそうです。ここでいう集中力とは、目の前のコーヒーにすら手を付けない、完全に没頭している状態のことを指します。では、この集中力。どうすれば8秒から1分、1分から10分と伸ばすことができるようになるんでしょうか。

 

 

 

結論から言うと、それは音です。音をなくすことで集中力を手にすることができると言われています。もちろんすぐに1時間2時間…というわけにはいきませんが、「音を遮断する」これだけでいいのです。音がなくなることで脳のリソースを無駄に使う必要がなくなり、結果として集中したいことにエネルギーをもっと使えるようになります。

 

 

こんな人、TVで見たことはありませんか?景色を少し眺めただけで、後は自宅でその風景の絵を正確に描くことができるという人。ビルやお店の看板に書かれている小さな文字までも細かく描きます。サヴァン症候群といいますが、あれは脳の一部の機能が制限されていることで、記憶力や芸術性をつかさどる部分が大幅に向上するというものです。集中力を上げる方法も同じ話で、音を遮断することによって疑似的に似たような状態をつくってあげるんです。聴覚・視覚・触覚・味覚・嗅覚と人間の五感のうち、恐らく仕事や勉強で使いたくないのに使っている部分は聴覚です。なので、ここを意図的に抑えることで余計な脳力を使う必要がなくなります。

 

 

よく勉強するときには、「ゲームや漫画は隠せ」と言いますが、似たような話です。余計なものに気をとられないようするんです。音というのは意外と盲点で、放っておいても何かしらの音は聞こえてきます。外を走る車の音だったり、エアコンの室外機の音だったり、スマホの通知音だったり、PCのファンの音だったり。これらを徹底的に削除して、完全に無音の状態を作り出すんです。そうすることで今よりも数段上の集中力を発揮することができます。

 

 

「無音ってむずかしくない?」という声が聞こえてきそうですが、耳栓を使うことで、ほぼ無音の状態にできます。100円ショップに売っている耳栓で十分です。以上、今回は集中力についてでした!

 


人気ブログランキング