BLOG

ブログ

快適なお昼寝タイムのために全力を尽くしたい

いろいろ

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

最近涼しくなってきましたね!

こうした時期は、ついついお昼寝をしたくなりませんか?

昼寝(仮眠)の効果はあのNASAも認めていて、

26分の仮眠で認知能力が34%、注意力が54%も上昇する

という実験結果があるそうです。

 

ならば、追求してみたくなるじゃないですか・・・。

“最高の昼寝”ってヤツを・・・!!

 

 

昼寝の時間帯は?

昼寝の時間帯は昼食後~14時頃がベストとされています。

食事の後は副交感神経が働いて体がリラックスした状態になり、

夜に十分な睡眠をとっていても自然と眠くなってくるのだそう。

ちなみに、15時以降の眠気は我慢したほうがよいそうです。

 

何分まで寝て大丈夫?

寝すぎるのはよくありません。

30分以上寝ると深いノンレム睡眠に移ってしまい

起きにくくなるだけでなく、夜の睡眠時間にも影響が出ます。

10分から20分程度はまだ浅いノンレム睡眠なので、

脳や体を休めると同時にすっきり目覚めることができます。

 

また、カフェインは20分~30分後に効果を発揮するため、

昼寝をする前に飲んでおくことで覚醒を促してくれます。

 

寝るときの服装は?

 

 

リモートワーク中といえど、昼寝のためだけに

わざわざパジャマに着替えるのは面倒ですよね。

 

たとえば、

・腕時計やアクセサリー類を外し、体の締め付けを減らす

・アイマスクや耳栓を使い、光や音の刺激を減らす

などの工夫で、快適な「仮眠体勢」を整えることができます。

 

どうして寝ても疲れがとれないの?

上記で

「食事の後は(中略)夜に十分な睡眠をとっていても

自然と眠くなってくる」と書きましたが、

そもそも「寝ても疲れがとれない」と感じている人が

多いのではないでしょうか?

 

その原因は「運動不足」「不規則な生活リズム」など

人それぞれかもしれませんが、大きな理由の一つとして

「情報過多」というのもあるそうです。

 

 

・常にSNSをチェックしないと気が済まない

・仕事や家事などの細かい段取りが気になる

など、「几帳面」「心配性」と呼ばれるような性格の人は

特にその傾向に陥ることが多いそう。

昼寝の時間を設け、情報から離れてみるのはいかがでしょうか?

 

 

それでは、よいシエスタを!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村