ウェブブラウザよもやま話。

WEB NAVI

こんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

みなさん、ちょうど今このページをご覧になっているとき、

“ウェブブラウザ”は何をお使いですか…?

(=“ブラウザ”…インターネットを見るためのソフトウェア)

 

 

気づけば10周年。長く覇権を握り続ける「Chrome(クローム)」

「ブラウザといえばインターネット・エクスプローラー!」も今は昔。

近年、世界的に大多数の人が利用しているブラウザは、グーグルの「Chrome」です。

 

 

 

最新のデータによれば、世界全体で約71%の人びとがChromeを使用しているそうです。

(ちなみに日本は約58%、もちろんダントツトップ。)

 

この事実が何を示すのかといいますと、世界中のウェブクリエーションが、

まずはChromeファーストでつくられていくということです。

実際、Chromeにしか対応していないウェブサービスも最近ではめずらしくありません。

 

一つのプラットフォームがシェアを独占してしまっている現状は、

ともすれば脆弱な面もあるかもしれませんが、

人びとが純粋に便利なものを使っている結果ともいえるでしょう。

 

思えばちょうど10年前。初めてChromeに触れたときの、

圧倒的なスピード感には度肝を抜かれたものです。

 

同時に、「グーグルは検索だけじゃない」という、

意思表示みたいなものも受け取った気がします。

 

その後、AndroidやChrome OS、そしてGoogle Driveなど、

数々のサービスを世に放っていくこととなりました。

 

Chromeの時代は、これからも当分続いていくと思われます。

 

 

 

実は“国際標準”でありながら、度々つまずく「Firefox(ファイヤーフォックス)」

では、ここで問題です。

世界シェア2位のPCブラウザは、何でしょう?

 

 

正解は_________「Firefox」です。

(日本ではIEに次ぐ3位)

 

 

話題を急に変えるようですが、無秩序のように思われやすいインターネットの世界でも、

実は正解(とされているルール)が存在します。

 

それを決めるのは「World Wide Web Consortium(通称W3C)」という国際団体であり、

このW3Cが標準と定めているブラウザ、それがFirefoxなのです。

 

つまり、Firefoxを通したホームページの見え方こそが正解である…と言えなくもないのですが、

現在、第一位Chromeとの差は60ポイント以上ひろげられております。

(いや、むしろ健闘していると言うべきか)

 

操作感などはChromeとすごく近いので、違和感なくインストールできるでしょう。

ただ、最近はあまりいい話題を聞きません。

ちょこちょこ大規模な問題が起こっている印象があります。

 

最近だとこちら↓。

<Firefoxに危険度最高の脆弱性、既に攻撃を確認 Mozillaはアップデート呼び掛け>

 

 

 

プライドをかなぐり捨て、虎視眈々と復権を狙う「Edge(エッジ)」

ライター2号は一時期Firefox厨だったのですが、色々トラブルが起こるし、

拡張機能の充実度なども考慮してChromeに帰りました。

なんとか安定性を確かなものとし、信頼を取り戻してほしいところです。

 

そして、巷ではマイクロソフトの純正ブラウザ「Edge(エッジ)」

Chromium(クロミウム=Chromeの元みたいなブラウザ)ベースで再登場するらしい、

というニュースが注目されています。

 

 

インターネット・エクスプローラー以来のMS復権もあり得るのか!?

ブラウザ界の情勢に、今後も目が離せません。