BLOG

ブログ

お手軽!新型コロナウイルス接触確認アプリ『COCOA』導入ガイド。

WEB NAVI

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

 

巣ごもり生活って日にちが経つのがいつも以上に早くないですか?

気づけばもう7月です。

今年はコロナ禍の影響か、一日一日をしのぐのに精一杯で

中長期的な計画づくりとかに全然頭がまわりません・・・。

 

 

 

ここのところ関西ではウイルスの感染抑制が持続されていましたが、

東京では再び増加の傾向にあり、いつ第二波がやってきてもおかしくありません。

(越谷のみなさん、どうかお気をつけて!!)

そうなったときに、先日発表された厚生労働省のアプリがあれば、

少しでも安心して過ごせるようになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」とは。

 

新型コロナウイルスの感染拡大対策の一環として、

厚生労働省が6月19日にリリースしたスマートフォン向けアプリ。

それが「COCOA」です。

正式名称は「COVID-19 Contact-Confirming Application」で、

要約すれば「コロナウイルスの接触お知らせアプリ」を意味しています。

 

Bluetooth通信をつかい、陽性反応が出た方との濃厚接触者を判定。

本人のスマホに通知を送って、今後の過ごし方を案内していくアプリです。

それでは実際のインストールから使用開始までをみていきましょう!

 

 

 

 

 

①アプリストアからダウンロードする。

 

COCOAはアップルのApp StoreとグーグルのGoogle Playどちらでも配信されています。

料金はもちろん無料!1週間トライアルが終わったら月額・・・とかもありません。

広告表示もいっさいなし!!当たり前のはずですが、なんだかかえって新鮮です。

 

リリース当初は検索してもなかなかヒットせず、厚生労働省の公式ページ上にあるリンクから

飛ぶ手間がかかりましたが、現在は「COCOA」とか「厚生労働省」で検索すればすぐにヒットするはず。

 

 

・・・ですが、念のためリンクを貼っておきます。

 

 

COCOA - 新型コロナウイルス接触確認アプリ

COCOA – 新型コロナウイルス接触確認アプリ
開発元:Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan
posted withアプリーチ

そうそう!

手元のiPhoneでは、OSが13.5以降じゃないとインストールできないことになっていました。

(拙者アプデ石橋叩渡侍)

そこで、ここから先はAndroid版のほうで進めていくことにします。

 

 

 

 

 

②アマビエ様とご対面。

 

アプリを起動したらアマビエ様とご対面します。

儀式のある方はしっかりと済ませましょう。

 

 

そういえば、この「知らないうちに、拡めちゃうから。」

っていうキャッチコピーはどなたがお書きになったんでしょうね。

 

 

 

 

 ③「このアプリでできること」を確認する。

 

 

はい。次へ。

 

 

 

④「プライバシーについて」確認する。

 

 

街頭インタビューなんかで特にたくさん声が挙がっていた

個人情報についての心配ですが、「一切ないよー大丈夫だよー」

ということが書かれています。

ちゃんと目を通し、「利用規約へ」に進みます。

 

 

 

⑤「利用規約」を読む。

 

 

 

こういうのすっ飛ばしたい気持ち、よくわかります。

なんてったってお国が配信しているわけですから、

虫眼鏡でみないと読めないような字で

「1年未満で解約した場合は違約金が1万円発生します」

なんて書いてあるはずないです。

でも、読みましょう。読んでほしい。

 

 

 

内容は、アプリ内における各用語の定義とアプリの各種機能、

知的財産権や禁止事項などです。

規約に同意できた方は、次へ進んでください。

 

ここで「登録中」というポップアップが表示されます。

 

 

⑥プライバシーポリシーも読む。

 

 

続いてプライバシーポリシーも読みます。

アプリの仕組みを詳しく解説したうえで、取得する情報としない情報を明記しています。

これで安心してアプリを利用できますね!どうぞ同意してくださいまし。

(プライバシーポリシーを「プラポリ」って略すひと正直に挙手ノ)

 

 

⑦Bluetoothを有効にする。

 

 

本アプリはBluetoothをつかったすれちがい通信(懐)により、

陽性反応が出た方との濃厚接触の有無を判定します。

ここを有効にしないと感知できないので、「有効にする」一択です。

押すと通知のことも訊かれるので、もちろんオンにします。

 

 

 

⑧通知も有効にする。

 

 

 

せっかくアプリを導入したのに、

濃厚接触のお知らせを受け取れなければ元も子も孫もありません。

こちらもちゃんと有効にしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、以上がCOCOAの導入手順です。

気づいた方がいらっしゃるかもしれませんが、

ご覧のとおり個人情報を入力する手間はいっさい発生してません。

それぞれの項目に同意したり、機能を有効にしたりするだけで、

使用が開始できる点は好印象です。

 

判定にはBluetoothを用いるため、

アプリ起動中のバッテリー消費量だけ気になりますね!

ただ、現在もなお自粛ムードが世間を覆っているので、

そんなに問題にならないかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

なお、本アプリによる効果を発揮するためには、

国民の6割が利用する必要があるそうです。

えーと、スマホ自体の普及率が約80%だから、

8分の6=75%がこのアプリをインストールしなければならない計算です。

日本でこの普及率を超えているのはLINEだけだそうですので、

正直いってなかなか高い壁ではあります。。。

 

 

 

 

ただ、目標の数字には到達しなくてもけっして無駄にはならないはずです。

備えが多いに越したことはありませんから。

もちろん、本格的な第2波がやってこないことこそ一番大事。

引き続き感染対策に気を引き締める夏を過ごしましょう!!