BLOG

ブログ

職業訓練のウェブ制作系コースについてぶっちゃける。

WEB NAVI

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

さて今回のWEB NAVIは、求職者の方に耳寄りな話題でございます。

「職業訓練のウェブ制作コースが、実際どのぐらい役に立つのか」です。

 

 

そもそも「職業訓練」とは

 

 

「職業訓練」は、求職活動を行なう方に向けて公的に提供される学習の機会です。

最大のメリットは、数ヶ月の受講期間中、失業保険が支給されること!!!

(※支給条件を満たしている場合にかぎる)

お金をもらいながら新しいスキルを学べるという、夢のような制度であります。

 

 

 

そして、通常は自己都合で退職をした場合、

失業保険が支払われるまで待機期間が発生するのですが、

職業訓練の受講がスタートすれば、前倒しで受給を受けられます。

さらに、通常の支給期間が満了しても、訓練期間が残っていればそのぶん延長されるので、

ぜひとも活用していただきたい制度です。

 

 

 

 

「ウェブ制作」系コースはけっこう人気?

 

 

職業訓練には公的な訓練機関による講座のほかに、

民間の機関が提供するコースも多数あります。

ウェブ制作系のコースは基本的に民間機関によるものがほとんどで、

どうやらかなりの人気みたいです。

 

 

 

私はこれまで2回ウェブ系訓練を受けたことのあるベテラン訓練ヤーです。

訓練先や時期によっては、選考の末に落とされてしまう場合もあるらしく、

レアケースかとは思いますが、面接では手抜きをしないほうがよさそうです。

 

 

なお、ウェブ系と申しましても、コースによって微妙な差異があります。

訓練期間の長さや企業実習の有無というところはもちろん、

学ぶ内容に関しても、たとえば「Flash」「Javascript」「Wordpress」なんかは

入っていたり、いなかったりが多いため、申し込み時にしっかりとチェックしましょう。

 

 

Flashについては近年衰退傾向が続いているので正直受けなくてもいいと思います。

しかし、企業ホームページの主流・Wordpressはぜひ学んでおきたい分野です。

 

 

 

 

実際の訓練で学ぶこと

 

 

では、受講すればどのようなことを学ぶのかをご紹介します。

最終目標はたぶん「ホームページを自力でつくる」に尽きるのではないでしょうか。

そのために必要なスキルは、大きく分けて①画像作成②ページデザイン③コーディング

この3本柱になろうかと存じます。

それぞれ専用のソフトウェアがあり、実践を通して使い方や考え方を学びます。

 

 

 

 

 

 

 

選べるなら・・・「コンペ経験」型!!

 

 

最終の課題として、自分自身のブログサイトをつくらせる訓練校もあれば、

チームを組んで実際に企業さんのホームページを完成させるところもあります。

(私は両方経験しています)

 

 

 

ラクなのはもちろん前者ですが、

クラス内コンペの末、実際にホームページが使用される後者は、

実務に近く、モチベーションや達成感を得られます。

そのぶんウェブ業界への転身・定着もスムーズにいくと思うので、

本気でウェブ業界を目指していらっしゃる方にはそちらがオススメです。

 

 

 

たとえば私の場合は、最終課題がコンペに勝ち、

今もそのサイトを企業さんに使っていただけています。

特に、未経験でウェブ業界に転職する場合、一つでも多くの成果が欲しいところ。

こうした実績が、選考時の大きな武器になります(実際、弊社に応募した際も効果的でした)

もしコンペで勝てなくても、データを残しておけばPCでいつでも確認できるので、

やはり「本気で企業向けホームページをつくる」ほうが断然有利でしょう。

 

 

 

 

大人になってから学校に通う良さ

 

 

というわけで、未経験からウェブの世界に入りたい方にはきっと有益な職業訓練ですが、

もう一つ、無視できないメリットというか魅力があるのです。

それは、「大人になってから学校に通う」という貴重な追体験ができること。

 

 

 

内容はもちろん、プロになるための社会人仕様ですが、

毎日出席をとられ(何割が以上欠席すると卒業できない)、たまに日誌当番がまわってきて、

休憩時間はクラスメイトと自販機の前でだべって・・・という日常は、

まさに学生生活そのものです。

 

 

 

しかし、同級生は年齢も違えばバックグラウンドもバラバラで、そこがまた面白い。

私のときは有名自動車メーカーのデザイナーさんが参加しており、

卒業後、SNSで「中古車を買った」と報告したら

「それ自分がデザインしたやつ」なんていうミラクルが起こったことも。

 

 

 

 

社会人になればなかなか友人ができない傾向にあると思いますが、

束の間の充電期間に、かけがえのない親友と出会えるかもしれません。

(さすがに恋人ができたケースは見たことない)

 

 

 

弊社の制作チームでは、

私を含めて職業訓練の受講経験があるスタッフが活躍しています。

「誰もが最初は未経験」「実践を繰り返せばきっとエキスパートになれる」

ということを信じ、チャンスに飛びこんでみてくださいっ!