ここが新たなListen郷。”YouTube Live”で終わることのないダンスを

MUSIC SCAPE

 

 

 

皆さま、ごきげんよう。

ネット音楽ソムリアの、JTです。

 

エンジョイワークスPresents,『MUSIC SCAPE』。

この番組は、大阪でWEB制作をしているエンジョイワークスのブログより、お送りいたします。

 

 

さて皆さまは、”Ustream”という言葉を覚えておられますでしょうか。

 

2010年代初頭より、爆発的に発達したSNS文化。

そのなかでエンターテインメント性のあるサービスとしては、

既存の動画配信サイトのようにアップロード済みの動画を楽しむことに加え、

今この瞬間を中継するストリーミング配信のプラットフォームが登場しました。

 

その旗手となったのがUstreamでした。

ことネット音楽愛好家としましては、Ustreamの有り難みはなんといっても、

DOMMUNEなどの音楽チャンネルに加えて、
個人によるプライベートなDJプレイの自己配信が多かったことです。

さまざまなユーザーが、さまざまな趣向を凝らした配信を行ない、
TwitterやFacebookとの親和性もともなって双方向的でたのしい関係が築けていました。

 

しかしその後、Ustreamは衰退をしていき、変わりに台頭してきたライブ配信は、

ニコ生YouTube Liveといった、大手配信サービスへの回帰が見られています。

 

Ustreamの音楽シーンが事実上消失した今、特にYouTube Liveの存在が頼もしく、
今回はオススメ音楽チャンネルとともにご紹介させていただきます。

 

 

 

それでは皆さまを、新しい音楽の世界へお連れしましょう_

Shall we LISTEN? MUSIC SCAPE.

 

 YouTube Live とは

 

 

最大手動画配信サービス「YouTube」が手がけるライブ配信プラットフォーム。
サービス自体は2011年より開始されていたが制限のある状態で、
2013年より誰でも気軽に配信できるようになりました。

何よりも母体が天下のYouTubeであることが大きく、
圧倒的なユーザー数と圧倒的な活発ぶりは、
他の追随をゆるさない状況です。

 

なお最近はトレンドである「ユーチューバー」に加えて
バーチャルユーチューバー」なる存在が異彩をはなっています。

 

番組の探し方

いちおうYouTube Liveのトップページは存在していますが、
実際に番組を探す際には通常のYouTubeからで大丈夫です。

 

先に、気になるワードをいったん検索してしまいましょう。(例えば「dj mix」など)
結果が出ている状態で画面右上の「フィルタ」を開き、
「特徴」のなかから「ライブ」を選択すれば、
現在ライブ配信されているものだけを抽出することができます。

 

なお筆者が現在好んで利用しているのは、DJプレイやパフォーマンス系よりも、
家事のBGMとして楽しめるラジオ的なチャンネルです。
そこでオススメなチャンネルを以下に2つ掲載いたしました。
実際に再生し、楽しんでいただければ幸いです。

 

 

Van Paugam
_City Pop シティポップ RADIO

 

FeelingInTheBeat
_
RADIO 24/7 : FUTURE FUNK – RETROWAVE – NUDISCO – CITYPOP

 

 

 

 

皆さま、いかがでしたでしょうか。

ライブ配信で楽しむ音楽は、どことなく人とのつながりが感じられ、

都市で生活する孤独さを癒やしてくれるものがあります。

今回ご紹介した番組が、あなたの安らぎに役立てば嬉しいです。

 

 

 

それでは今回はこのあたりで。

 

お相手はわたくしJTでした。

 

See you next tune, Bye Bye!