BLOG

ブログ

ミニマル・ミュージックの大家、スティーヴ・ライヒ。

MUSIC SCAPE

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

自宅で過ごす時間が増えると、大事になってくるのが室内のBGMだと思います。

そこで、ここ最近特に重宝している私のお気に入り音楽家をご紹介します。

スティーヴ・ライヒ御大です。

 

 

スティーヴ・ライヒとは

 

Steve_Reich.jpg: Ian Oliverderivative work: LPLT (talk)

 

スティーヴ・ライヒはアメリカの音楽家です。

1936年生まれ、現在は83歳でいらっしゃいます。

 

音楽家といっても、久石譲的なエモーショナルな音楽ではなく、

むしろ対極といっていい作品群を手がけておりまして・・・

 

百読は一聴にしかず。

さっそくご覧いただきたいと思います。

 

 

 

全体で1時間以上あるので飛び飛びで構いません。

なんとなく“ミニマル・ミュージック”と呼ばれる理由がおわかりでしょうか。

「似た旋律を反復しつつ、ちょっとずつ変化を加えていく」

多くの楽曲が、このようなルールで作曲されています。

 

 

 

ミニマル・ミュージック=カラダにやさしい説

 

一般的な音楽からかけ離れた手法なので、

最初はワンパターンで退屈な印象を受けるかもしれません。

ところがどっこい。実際聴いてみると延々聴き続けられる

魔力のようなものがあります。

 

 

彼の主な作品を網羅した10枚組のアルバム『Works 1965-1995』は

値段が8,000円しますが、Amazon Music Unlimited会員なら無料で聴けます。

シャッフル再生しておけば家事がめちゃくちゃはかどります。

 

 

私のお気に入り「Electric Counterpoint」

 

 

 

 

先日友人に「ライヒのミニマル・ミュージックはなんで気持ちいいんかな」

と話をふると、「織り物のパターン刺繍も似たようなもんかもね」

と返答が返ってきました。なるほど確かに。

 

 

 

人間らしさとはかけ離れ、機械的で無機質な印象をもってしまいますが、

人間の体内リズムや細胞レベルにとっては、こうした変化をともなう反復が

ちょうどフィットするのかもしれません。