BLOG

ブログ

【動画あり】ぜひ聞いてほしいボーカロイド曲を紹介します

MUSIC SCAPE

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

突然ですが、みなさまはボーカロイドをご存じでしょうか?

ヤマハが開発した音声合成技術を応用したソフトウェアです。

2004年の発売開始以降、数多のクリエイターによる楽曲が

動画投稿サイトなどで次々に発表され続けています。

 

今回は、このボーカロイドを使用した楽曲のなかで、

筆者が特に好きなものをご紹介したいと思います。

 

「シャルル」バルーン

 

さよならはあなたから言った

それなのに頬を濡らしてしまうの

 

まずご紹介するのは「シャルル」。

「歌ってみた」などの関連動画を合わせると1億回再生を突破、

カラオケランキングでも上位に入る、若い層に人気の楽曲です。

作詞・作曲のバルーン氏は「須田景凪」名義で

シンガーソングライターとしても活動されています。

 

この歌のテーマは「別れ」。

別れた相手を忘れようとする、ある夜の心情を歌っています。

 

「カトラリー」有機酸/ewe

 

目を閉じたらどう?

もう見たくもないなんて言えるわけもないし

 

続いてご紹介する「カトラリー」も別れを暗示させる歌ですが、

こちらの歌詞に登場するのは離婚の危機を迎えている夫婦です。

 

爽やかなメロディーに対して歌詞の内容はたいへん重苦しく、

MVの内容を考慮しても、決してハッピーエンドとはいえない。

「“他人と一緒になる”って簡単なことではないんだな」と

しみじみ考えさせられる曲です。

 

「閻魔さまのいうとおり」ピノキオピー

 

行くあてなどない 失敗作の二人

身がちぎれるほど抱きあった

 

閻魔さまのいうとおり」は学生の恋を描いた歌です。

久々に見た映画からインスピレーションを得たらしく、

抽象的ながらドラマティックで疾走感のある曲になっています。

 

「閻魔さまのいうとおり」に「エンディングが来る前に逃げ」、

「いつかくる平等なジエンド」を迎える・・・。

歌詞の意味がわかる人なら、きっと気に入ると思います。

 

 

ボカロ曲の歌詞は抽象的で明言を避けるものが多く、

考察しがいがあるところも魅力の一つだと思います。

 

ほかにも「すきなものだけでいいです」「ディカディズム

天才ロック」「フラジール」「ライカ」など、

紹介したい楽曲がたくさんあるのですが、今回はこのへんで!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村