BLOG

ブログ

『STAND BY ME ドラえもん』でドラ泣きチャレンジやってみた

MOVIE ADDICT

こんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

みなさんは「ドラ泣き」という言葉をご存知ですか?

元々は2014年に公開された映画『STAND BY ME ドラえもん』

のキャッチコピーで、「それぐらい泣ける感動作ですよ」

ということを表した言葉です。

 

 

“どら焼き”にかかっているものとも考えられる。

 

 

このキャッチコピーに対し、世間の反応は賛否両論でした。

というか、私の観測範囲では否否片論といいますか、

どこをみてもメッチャ批判されていたように記憶しております。

 

そして、私もなんだかんだで流されやすいタイプですので、

「結果的に泣くのはあっても、公式で泣きを呼びかけるのはどうなの」

とガードを固めていたのですが、最近になってふと3Dの未来描写が気になり、

レンタルで100円だったので観てみることにしました。

 

 

果たして、この私をドラ泣きさせることができるかな・・・?

ふ~ふ~ふ~ふ~ふ~~w(cv.大山のぶ代さん)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論:泣いた。

 

 

 

はい、すみません。むっちゃ泣きました。

映画でこんだけ泣いたのは、同年公開の『インターステラー』以来かもしれません。

 

ただし、一つ注釈をさせてください。

私は断じて、本編そのものに涙を流したわけではないのです。

 

もちろん、グッときた場面はありました。

狙いすましたような感動アッパーカット涙腺ボディブローを浴びて、

思わず足が止まってしまった瞬間が、何度か。

 

 

しかし、私がわんわん泣き出したのは、エンドロールも終わってからです。

劇中ののび太を巡る物語から、自分のこれまでの人生がフラッシュバックされ、

 

 

心のなかの土管のなかで、むせび泣いたワイ。

 

ああなんでワイはあのときあんなことを…ああしていれば…

 

いや、後悔したって何も進まへん…これからの未来を変えていくんや…

 

ウエッッ…ウエエエエッッッ!!!!(嗚咽)

 

 

そういう涙だったのです(ドヤ。

ですからこれは断じて“ドラ泣き”ではない。

自らの反省と奮起によるいわば“オレ泣き”です(ドヤァァァ。

 

試合に勝って、勝負に負けた…というところでしょうか。

なかなかやるじゃないか、スタンド・バイ・ミー。。。

 

 

 

 

肝心の未来描写について

本来の目的を忘れかけましたが、興味深く拝見しました。

 

ドラえもんですから、当然ひみつ道具がわんさか登場します。

その一つひとつにハイテクエフェクトエンゲージメントされており、

うまいことリファインされているなぁとインスパイアされました。

 

膨大なコンテンツ量を1本の映画で完結させることは、

どうしても色々な歪みを生んでしまうわけですが、

それでも本作はダレ場が少なく、演出的にも好感触でした。

(元々ドラえもんシリーズに詳しくないことも功を奏したかもしれません)

 

やはり世間の反応は参考程度にとらえて、

まずは自分の目で確かめてみることが大切ですね。

 

 

 

 

それはそうと・・・

 

 

 

3D版大人のび太、確かに私に似ている。