映画レビュー 『去年の冬、きみと別れ』

MOVIE ADDICT

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

 

 

 

『去年の冬、きみと別れ』

観る者全てが罠にハマり、その結末に涙する。
と謳っていたこの作品。

こういう煽りをする映画で面白いと思うものってなかなか

ないんだよなぁという見解でしたが、これは本当に

意外な結末でした。しかも「誰やねん」という地味な

登場人物が真犯人でしたなんていうお粗末な展開ではなく、

ちゃんとストーリーとして面白いのです。

 

あらすじは下記の通り↓
最愛の女性との結婚を控える記者=耶雲(岩田剛典)が狙う大物は、

一年前に世間を騒がせた猟奇殺人事件 の容疑者である

天才カメラマンの木原坂(斎藤工)。
真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は

婚約者=百合子(山本美月)にまで及んでしまう。
愛する人を 取り戻すため、木原坂に立ち向かう耶雲の運命は――?

 

 

 

レビュー

猟奇殺人事件の容疑者役が斎藤工。

その姉に浅見れいな。

幼い頃2人とも父親から虐待を受けていて、

その父親は強盗に刺殺されたということに

なっていますが、それも2人がやったのでは

ないかと記者である耶雲(岩田剛典)は

取材を続けます。

この2人には近親相姦の疑いもあるのですが、

原作はどうなっているのか分かりませんが映画では

そうなんじゃないかと匂わせる程度で明言は避けていました。

 

斎藤工の黒目がちな瞳はミステリアスで 
こういうやべぇ役にとてもよく合います。

岩ちゃんもいつものキラキラは封印して役に

徹していました。でもやっぱ顔キラキラしてるけど。

 

ストーリーは、よくこの時間でまとめられたなと感心する 
多重構造。 全てが明らかになったときの斎藤工の

慟哭をもっと見たかったように思いますが、ほぼパーフェクトな

構成といえます。

あんまり詳しく書いてしまってはこれから観る人の 
楽しみを奪うことになるので、書きたいのに

書けないことがたくさんあるこの映画。

サスペンスが好きな方には全力でお勧めします!

 

 

 


映画ランキング