映画レビュー『ラストキング・オブ・スコットランド』

MOVIE ADDICT

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

モスバーガーで販売中のラベンダーレモネード。色がとっても

オシャレです。最初青色で、混ぜると赤っぽい色に変わります。

http://mos.jp/menu/detail/480119/34/

写真は混ぜる前の状態です。どんな色に変わるかはぜひご自身の目で

確かめてみてください。

味はラベンダーの香りがかなりしっかりあります。その反面、味は

意外と薄めかなと思いました。濃い目が好きな方は氷なしでオーダーすると

いいかもしれません。

 

 

 

『ラストキング・オブ・スコットランド』

本日ご紹介する映画は『ラストキング・オブ・スコットランド』です。

 

 

あらすじは下記の通り↓

スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガンは、高い志を胸にウガンダの

ムガンボ村にある診療所へとやって来た。

それはちょうど、軍事クーデターによってイディ・アミンが新大統領となった直後のことだった。

ニコラスはアミンの演説を聞いて、そのカリスマ性に強く惹きつけられる。

そして偶然にも、ケガをしたアミンを救ったことからアミンに気に入られ、

彼の主治医に抜擢される。

やがてアミンは主治医という以上の信頼をニコラスに寄せ、

ニコラスもまたその期待に応えようとするのだが、絶対的な権力を

手に入れたアミンは徐々に狂っていく。

 

 

レビュー

久しぶりに重厚ないい映画を観ました。 

観終わった感想は、シンプルに「怖い」。 
怖いとしか言いようがないです。 
大統領が狂っていく様が本当に怖いんです。 

この大統領の役を演じたフォレスト・ウィテカーは、

最近では『メッセージ』というSF映画(パッケージが

ばかうけに酷似していると話題になったあの映画です)で

ウェバー大佐役で出演しています。

 

 

後半は飛行機に早く乗って!!早く!!! 
って祈るような気持ちでした。 
あの主人公のせいで犠牲になった3人は非常に 
気の毒ですが。 
マカヴォイ君はダメな役が本当に上手いです。

 

 

 

 


映画ランキング