BLOG

ブログ

俺たちの金を返せ!!!!『ジーサンズ はじめての強盗』

MOVIE ADDICT

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

今回は映画『ジーサンズ はじめての強盗』をご紹介します。

上映時間96分の、サクッと見られるコメディー映画です。

 

邦題はあまりにも“あんまり”ですが(笑)、

モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンという

錚々(そうそう)たる顔ぶれがメインを固めています。

 

 

あらすじ&概要

30年来の親友であるウィリー、ジョー、アルバートの3人は、

勤め先の買収による年金打ち切りを知らされ、窮地に陥る。

「30年も真面目に働いてきたのは無駄だったのか?」

喫茶店でパイを食べるための金にも困り、絶望する3人。

しかし、ジョーが銀行強盗に遭遇したことで妙案を思いつく。

「我々から金を巻き上げた銀行を襲い、年金を取り返そう」と・・・。

 

ものすごく乱暴な説明をするならば、

ジジイ3人組が銀行強盗をする話という一言で片付くこの映画。

フィクションだとしても無茶だと言わざるを得ません。

だからこそ、ピンチを切り抜けていく3人の姿が実に爽快です。

彼らがしていることは紛れもない犯罪ですが、

つい「うまくいきますように!」と願ってしまいました。

 

筆者のお気に入りは、3人が銀行強盗の指南役(!)から

手ほどきを受け、運命の日に向けて着々と準備をするシーン。

何せ3人は隠居目前の後期高齢者ですから、体力づくりも重要です。

まるで文化祭の準備のようで、見ていてワクワクしました。

 

正直者が微笑む世界であれ

 

 

「弱者が社会に逆襲する」というストーリーの裏には、

家族や友人を愛することの大切さ」が

メッセージとして込められていると筆者は感じました。

 

“正直者が馬鹿を見る”、そんな世界なのかも知れませんが、

本当に大切なものは、正直者でないと見つけられない。

こんな時期だからこそ人と繋がり合うことの大切さを

教えてくれる映画でした。

 

 

余談ですが、映画の原題は『Going in style』。

「堂々と、カッコよく行こう!」という意味です。

金に困って盗みを働くような老人にはなりたくないですが、

何歳になっても自分の道を歩んでいたいものですね!

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村