映画レビュー 『別離』

MOVIE ADDICT

こんにちは!大阪市でWEB制作をしているエンジョイワークスです。

ほとんどの人にとってはどうでもいい、でも私にとっては深刻な悩みを

打ち明けていいですか?

私、NEWSへの愛がどんどん冷めていっているのです。

新曲はもちろん購入しましたが、歌い出しを小山慶一郎にするって

どんだけ博打うつの案の定歌番組で外しまくってるじゃないとか

思ってしまって、前みたいに全力で讃えてあげることができないのです。

一生変わることのない気持ちだと思っていたのに。

そんな暗い気分をさらに盛り下げる衝撃的な映画をご紹介します。

 

イラン映画『別離』

これはミスコミュニケーションを見事に描いた映画です。

 

第84回アカデミー賞外国語映画賞を受賞し、その他にも90以上の賞に輝き、

世界中で絶賛の嵐です。

第61回ベルリン国際映画祭においては、映画祭史上初の主要3部門

〈金熊賞&銀熊賞(男優賞・女優賞)〉を独占受賞し、話題となりました。

離婚の危機を迎える夫婦、つなぎとめようとする娘、そして、

彼らの問題に巻き込まれていくもう一つの家族。
それぞれが抱える“秘密や嘘”、胸の奥にしまわれた“真実”が

複雑に絡み合い、悪い方悪い方へと進んでしまいます。

 

あらすじ

テヘランで暮らす妻シミンは、11歳になる娘テルメーの将来のことを考えて、

夫ナデルとともにイランを出る準備をしていた。

しかしナデルは、アルツハイマー病の父を置き去りにはできないと国を出ることに反対。

夫婦の意見は平行線をたどり、シミンが裁判所に離婚申請をするが、

協議は物別れに終わる。

シミンはしばらく家を出ることとなり、ナデルは父の世話のためにラジエーという

女性を雇うことにした。

しかしある日、ナデルが帰宅すると、父は意識不明でベッドから落ち床に伏せていた。

ナデルは怒りをあらわにして、ラジエーを問い詰め、彼女を手荒く追い出してしまう。

その夜、ナデルは、ラジエーが入院したとの知らせを受ける。

しかも、彼女は流産したというのだ。

ナデルがラジエーの妊娠を知っていたかどうかで、罪の重さが変わるため

「知らなかった」「いや、知っていたはず!」と争いは泥沼に・・・。

 

 

レビュー

アスガー・ファルハディ監督、要注目です!

おじいさんも一緒に他の国に行けばいいじゃんかと 
想ったりもしたのですが、きっとそんな簡単じゃないんでしょうね。 
出国申請のもろもろが。 

奥さんが悪いって断罪してるレビューなんかも 
あったりしますが、日本とイランじゃ身に迫る危険を 
感じる頻度が全然違うだろうし、娘を守るために外国に逃げようとする 
のは何も勝手じゃないしごく自然なことだと思います。 

そもそもこの映画は誰が悪いかなんてことを言いたいんじゃない。 

全員が自分が正しいと思うことをやっている。自分のため、家族のために。

そこから生じるミスコミュニケーションの悲劇を、残酷なまでに鮮やかに

描いているのです。

『バベル』を観た後のズシンと来る感じに似ているかもしれません。

重いの嫌いじゃなければ、ぜひご覧ください。

 

 


映画ランキング