BLOG

ブログ

みんなでワイワイ楽しめる?ホラー映画の金字塔。『シャイニング』

MOVIE ADDICT

みなさんこんにちは。

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

(アーーッハッハッハッハーー‼‼)

 

 

ひとを狂わせる、晩夏の闇夜。

 

 

夏の終わりというのは、やはり、

人を狂気に近づけるような作用があるのでしょうか。

 

 

 

「ここんところ精神状態がおかしかったな・・・」と思い、振り返ってみると、

ホラー映画の古典『シャイニング』と凶悪事件のノンフィクション『消された一家』

同時に消化する日々を過ごしていたことに気づき、「そりゃそうじゃ(笑)」と思った次第です。

(そういえば『ダークナイト』も観てた。笑っている場合ではない)

 

特に、後者はマジでお気をつけいただきたい。

「園子温監督が、実際に起こったある事件を題材に作品を発表する」との一報を受け、

興味が出た(きっと夏が悪いのです)ためKindleでポチってみたのですが、

読んでしまってよかったのかどうか、未だに判断がむずかしいです。

 

迷われた方は、先に該当する事件のウィキペディアを読んでみてください。

※ウィキ単独でR-18Gに相当するためリンクは貼りません

そこに書かれている事件の流れをより克明に、濃密に記されたのがこの本です。

何かしらの精神的影響が発生しても筆者は責任を負いかねます。

 

 

ところで『シャイニング』の話をしよう。

こちらは比較的明るい気持ち(?)で鑑賞できるエンタメ映画でした。

監督は『2001年宇宙の旅』のスタンリー・キューブリックです。

『2001年~』から同監督を知った場合は、テーマのギャップに驚くかもしれません。

しかし、『時計じかけのオレンジ』を観たあとなら妙に納得感があります。

 

雪深い山奥のホテルで、冬のあいだ管理人を任される作家のお父さんと、その妻・息子。

広大な密室空間で過ごす彼らは、ホテルに隠された恐ろしい魔力に引きずり込まれていきます。

公開は1980年。来年でちょうど40周年ですね!何かしら記念イベントとかあるのかしら。

 

 

“キューブリック作品”の面目躍如。ひと目で記憶に残るビジュアル

 

なんといっても超・有名なのが、こちらのサムネ。

 

 

ごめんキューブリック、「お客様だよ!」ってセリフが笑いを狙ってるとしか思えない

 

「この笑顔だけは知っている」という方も

少なくないことでしょう(かくいう自分もそうだった)。

作中、ジャック・ニコルソンによる怪演は見事のひと言です。

しかし、本作の強烈さはここだけじゃありません。

“一度観たら忘れられない光景”が節々に用意されています。

 

 

安心して楽しめるホラー映画の古典

本編の構成自体は「とてもシンプルな娯楽映画」という印象を受けました。

映像と音声による恐怖の演出が非常にキャッチーで、

「ホラー映画なのに安心感がある」といいますか。

 

残虐な表現も比較的サラッとしているので、コワイもの嫌いの方でも大丈夫かもしれません。

 

むしろ、友人知人や恋人と一緒に気楽な感じでワイワイ観たくなります。

笑おうと思えば笑えるシーンもたくさんあります。

未見の方はぜひ一度挑戦してみてください!

 

 

おまけ:シンガポールのIKEAによるシャイニングのパロディCM