BLOG

ブログ

【ゲームレビュー】もう二度とプレイしないと心に誓った『Narcosis』

Ą級ゲームレビュー

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

今回はSteam・PS4で配信中のゲーム『Narcosis』をご紹介します。

ジャンルはサバイバルホラーアドベンチャー

 

筆者はホラーが苦手なので序盤でプレイを放棄してしまい、

あとは友人に代わってもらったり、実況動画で補完したりしました。

そんな感じでエンディングまでは見届けたのですが、

恐怖のあまり記憶がゆるふわになってしまいました。

「それでも紹介しなければ!」という使命感のもと(理由は後述)、

ゆるふわ~とレビューを書いていきたいと思います。

スクショはありません(撮れるわけがない)のでご安心ください。

 

あらすじ

深海でメタンハイドレート採掘の仕事をしている主人公。

ある日深海を探索していると、突然の大地震に襲われる。

主人公は緊急用の脱出ポッドがある施設へとたどり着くが、

地震で半壊しており、仲間の成れの果てを発見してしまう。

施設内は危険な巨大ガニや巨大イカが跋扈しており、

ついには恐怖心から亡霊の幻覚が見えるようになり・・・。

 

以上、ゆるふわの記憶から絞り出したあらすじです。

Steamのページすら指が拒否して開けませんでした。

公式トレーラーっぽい動画も見つけたのですが、

怖すぎて内容を確認できなかったので掲載しません!!

 

カニも怖い、イカも怖い、それから…

プレイ開始後まもなく発したのが、

深海生物ってこんなに凶暴なの!?」という叫び。

捕まると潜水服のヘルメットを割られる=死、なので、

見つからないように息をひそめ、やり過ごすしかありません。

 

もはやこの状態じゃないと受け入れられない。・・・お腹がすいてきた。

 

さらに、空気ボンベにも常に気を配る必要があります。

敵に襲われたり、幻覚を見たりしてパニックに陥ると、

ボンベの残量が大幅に減少してしまいます。

当然、いつでも補給できるものではありませんので、

プレイヤーは常に緊張感をもって進まなければならないのです。

 

もう二度と味わえない、「感動」のエンディング

プレイヤーは、エンディングにたどり着くまでに

とある音声を幾度となく耳にすることになります。

この音声の正体は、いったい何なのか。

そして何を意味していたのかが、最後に明らかになるのです。

 

この伏線回収があまりにも鮮やかで、

筆者はそれまで散々ビビり倒していたにも関わらず、

「これはオススメしなければならない」と思いました。

 

タイトルを「もう二度とプレイしない」としたのは、

ただ恐怖によるものだけでなく、

この感動を二度と味わうことができないためでもあるのです。

 

ホラーに耐性がある方はぜひ『Narcosis』をプレイして、

この感動を味わってほしいと思います。

カニやイカを食べられなくなっても責任は取りません!!

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村