BLOG

ブログ

どこかの田舎の、なんだか不思議な散歩道。『Inaka Project』

Ą級ゲームレビュー

みなさんこんにちは!

大阪市・越谷市のウェブ制作会社エンジョイワークスです。

 

 

 

田舎って、なんだかいいですよね。

 

 

空気が綺麗、空が広い、水がうまい・・・といったわかりやすいメリットもありますが、

それぞれの空間に、目に見えない気配のようなものが息づいているというか。

心が癒やされるのは、無意識のうちにそういうものを受信しているから

なのかもしれないなぁ、と。

 

 

今回ご紹介する『Inaka Project』は、そういう“目に見えぬなにか”を

なんとか目に見せようとしている試みではないでしょうか。

 

 

『Inaka Project』とは

 

※ツイート主≠作者さん

 

『Inaka Project』は、日本人の学生さんだと思われる「Inasa_Fujio」氏が、

2018年頃からコツコツと制作していらっしゃるゲームプロジェクトです。

ご本人のTwitterなどで度々現れる風景は、なにかこう土地からにじみでる

気配のようなものを高い解像度ですくい取っていて、

発表予定が決まっていないにも関わらず世界中の雰囲気ゲー愛好家から

注目を集めています。

 

 

そんな『Inaka Project』より、この夏うれしい発表がありました。

デモ版が無料で公開されたのです

 

 

ご本人は学業が忙しく(絵画を学んでいらっしゃるとのこと)、

気長に生暖かく見守らせていただこうと思っていた私でしたが、

そりゃあもちろん飛びつきました。

 

 

シンプルなビジュアルがリアルを浮かび上がらせる

本作について今のところ明らかにされているのは、主人公は郵便配達員であり、

のどかな地域を舞台にお手紙を届けることがゲームの目的となっています。

デモ版でもお馴染みの赤いカブを運転して道を走ることができました。

 

※開発中の映像

 

Twitterなどを拝見するに、どうやら重要なチェックポイントとして機能しそうな

神社は、今のところ仕掛けなどは未実装。

ただし、遠くからでも場所がわかるように、落ち葉が弧を描きながら漂っている

様だけでもワクワク感を演出してくれます。

※はやくお稲荷のおにいさん(?)に会いたい

 

 

 

『Inaka Project』デモ版は、下記のリンクよりフリーダウンロードできます。

 

<Inaka project .zip>

 

手持ちのノートパソコンでは3D表現が厳しくてガクガクしましたが、

オプションで解像度を落とすことによりなんとか滞りなく体験できました。

 

 

なおInasaさんは平行して、『梅雨の日』というゲームも制作中だそうで、

こちらのほうが本編リリースは早そうな気配です。

気になる方は、InasaさんのTwitterをぜひフォローしてみてください!

 

 

※たぬ・・・かわえ・・・たぬもふ・・・