BLOG

ブログ

『あつまれ どうぶつの森』で自発性が養われる(かもしれない)

Ą級ゲームレビュー

こんにちは!

大阪市でWEB制作をしている株式会社エンジョイワークスです。

 

 

家庭用ゲーム販売本数で10週連続1位を獲得している(※)

Nintendo Switchソフト『あつまれ どうぶつの森(以下『あつ森』)

外出自粛の影響もあり、飛ぶように売れているようです。

何を隠そうこの私も、日々コツコツと島の開拓に励んでいます。

(※『週刊ファミ通』2020年7月2日号「ファミ通TOP30」を参照)

 

CGが格段に進化しており、虫が正直キモイ。(※筆者のスクリーンショット)

 

買う前は「すぐ飽きちゃうかも」という不安があったのですが

(スマホの『どうぶつの森ポケットキャンプ』は1ヶ月と経たず飽きた)

やりたいことがたくさんあるので、今のところ楽しく遊んでいます。

 

『あつ森』に隠されている(かもしれない)奥深さ

先日、『東洋経済オンライン』にこんな記事が掲載されました。

〈どうぶつの森「楽しめる人・すぐ飽きる人」の差〉

 

この記事の著者は、『あつ森』について

『自発性』を刺激する優れたゲームシステム」としたうえで、

次のように述べています。

 

===============================

あつ森では、プレイヤーがキャラクターを動かそうとしなければ、

ただただ何もないままに時間は過ぎていく。

プレイヤーは何もしなくてもゲームオーバーになることはないし、

島には朝が来て夜が来て、季節も移り変わっていくだけだ。

何もしないことを否定するつもりはないが、

やはり自発的に何か行動しようとしなければ、

あつ森の一番楽しい部分は味わえないのではないか。

(中略)

とてものんびりした、終わりのないゲームだからこそ

「自分の楽しみ方」をしっかり持っている人であればあるほど、

長期間、濃密に楽しめるゲームであると僕は理解した。

===============================

 

これを読んで、筆者は考えました。

自発性を養いたいなら、『あつ森』で遊べばいいんじゃないか」と。

 

自発性がなきゃ楽しめないなら、身につければいいじゃない。

 

(※これは『あつ森』のスクリーンショットではない)

 

もちろん、大前提として『あつ森』はゲームです。

プレイヤーに最後まで遊んでもらうことが目的ですから、

自発性を促す動機付けがあちこちに仕掛けられています。

 

ですが、仕事や勉強の動機付けは本人が行なうほかありません。

親や上司が「自分で考えて動きなさい」と言うのは“命令”であり、

“自発的に動くこと”とはかけ離れているわけです。

(参考:直接言っても逆効果―部下の自発性を育てる最初のステップ)

 

だからこそ、ゲームを使って自発的に動く訓練をしてみるのです。

「どういう目標があれば、自分は頑張れるのか?」

「その目標を達成するためにはどうすればいいのか?」

「最初の計画がうまくいかなかったら、どう対処する?」

など、自発性を刺激される感覚をつかめるようになっておけば、

仕事や勉強にも応用できるようになると思います。

 

 

・・・まあ、いろいろと小難しい話をしましたが、要するに

あつ森楽しいからみんなやろうぜって話なんですけどね!!

 

/ エイッ \

 

 

 

にほんブログ村 企業ブログへ
にほんブログ村